フライフィッシングのステージは、水生昆虫から陸生昆虫へと変わって来る。季節の移り変わりは水中の魚たちにも確実に届いている。

NEWS

 
2011年8月14日
福島県の渓魚に対する採捕及び出荷規制河川MAP(H23.6.27現在)福島県HPへLink
福島県の淡水魚から放射性セシウムが検出された事を契機に福島県は下記の河川で出荷および採捕を制限する要請を自治体、漁協等の機関に対し要請しています。それを受けて漁協ではヤマメ釣り等について遊漁者に対して釣りを自粛するよう要請する事としています。釣り自体を規制する法的拘束力は無い(県水産課)としていますが、トラブルの回避のためにも協力いただけますよう釣り人の皆様にお願いします。
ヤマメに関する規制河川(養殖魚を除く)
イワナに関する規制河川
鮎に関する規制河川
関連記事---「福島県の天然ヤマメ、一部で出荷停止指示」に関する本当の話
2011年8月9日
サイト内コンテンツTactics of Fly Fishingに『基本のノット』を追加しました。
フライフィッシングで使われるノットの方法はそれこそ数え切れないほどありますが、今回ビギナーの方向けにOwnerが普段使っているノットを動画でお知らせします。基本的なノットの方法だけでは無く、簡単に出来るノットの方法など実戦で役に立つテクニックも収録しました。一読して見ると目からウロコかも(笑)

News & topics過去記事

TOPICS

2011年6月18日

檜枝岐の居付きのイワナを釣る

八溝川

久々にキャンプ&フィッシングに出かけた。行く先は桧枝岐川の支流の舟岐川だ。 そろそろ檜枝岐も釣りシーズン到来だろうし、キャンプをして朝早くに檜枝岐の居付きのニッコウイワナを釣ろうとの算段だ。そうは言っても居付きのイワナなんぞそうそう釣れるものではないけれど、その姿態の艶やかさと力強さは放流イワナとは比較にならないものがある。

2011年6月4日

久しぶりに遠方の友人と会津で遊んだ

八溝川

中国から一時帰国した埼玉県の友人から6月の2日、3日と釣りに来るよと連絡があった。 久しぶりの日本の渓魚はどうだい。日本の素晴らしさは離れてみれば良くわかるだろうが、彼のいない間に日本の自然は変わってしまった。

2011年5月29日

行くあてもなく車に乗った。途中荒海川へとハンドルを切った

八溝川

金曜の夜更けに家を出た。そもそも釣りに行く予定ではなかったのだがtwitterで釣りの話をしているうちに居ても立っても居られなくなり、車に飛び乗った。さてどこに向かおうか、喜多方方面かそれとも南会津方面か、原発事故以来、福島県内の釣行河川の選択肢が著しく減少したのは言うまでも無い。

2011年5月22日

>そろそろ会津の渓もスタート

戸石川

津はどうかなあ?」「そろそろ雪代も落ち着いたんじゃねえのか?」「会津行ってみる?」「ワラビ採ってこようか?」
そんなやりとりがあって弟と二人で南会津まで出かけた。

2011年5月5日

>思えば遠くに来たもんだ

八溝川

何処も増水中で阿武隈川以西は釣りに成らない。塙町を流れる那倉川にでも行って見ようかと思って朝4時半に家を出た。塙町で県道111号線を南東方向に向かうと県道27号線が左手に合流する、111号線を南方向に進むと湯岐温泉に続く湯岐川に出る。

2011年5月3日

今年初めて福島の里川

小松川

ゴールデンウィークもそろそろ折り返しだというのに県内の河川は未だに水位が下がらない。僕は風邪をひいたらしく喉が痛いし、釣りに行くかどうかちょっと悩んだのだが折角のゴールデンウイークだしここは頑張って釣りに行くことにした。

2011年5月1日

大増水中の福島県内を避け栃木県へと南下

大葦川

GWの直前に大雨が続づき福島県内の河川はどこも増水中で釣りならない。例年ならベストシーズン入りしたはずの浜通りの河川は東京電力福島第一発電所の事故によって釣行不能となってしまったことで釣りに行く川も見つからず、県内の釣行は断念した

2011年3月2日

今年もシーズンインは栃木県から

余笹川

3月が近づいて来ると、どうにも気持ちが落ち着かなくなって来る。福島県の渓流解禁は4月だが近隣県の解禁は、一ヶ月早い3月と言うのが殆どだからだ。

News & topics過去記事