6月8日 夏井川釣行

 すでに夏の小渓でヤマメが癒してくれた

新幹線で南へ向かう
もう葦が身の丈ほども伸びている

からFLYを巻いた。 最近FLYを集中してタイイングできるのは5本が限度になった。 目が見えなくなってきたのでいらいらすることのほうが多いような気がする。 タイイングもFLYFishingの楽しみの一つだと、FFをする人なら必ずそう言うだろう。 最近、あるFFマンに、「FLYタイイングなんて楽しくないよなあ」って言ったら。「俺もそう思う」という言葉が返ってきた。 タイイングがつらくなってきているのはOwnerだけではないのだぞ! FLYを巻いていると釣りに行きたくなる。 今巻いたばかりのFLYを3本ばかりFLYBOXに入れて早速出かけることにした。 まだ昼の1時を回ったばかり。 さすがに、魚の出が悪い。フィーディングレーンから出るのはすべて新子ばかり。 よくみると、足跡もべたべただ。 こういうときは、脇の葦の根元とか、端っこの石の下とかイワナが潜んでそうな場所で昼寝をしているやつが多いものだ。 予想通り流れからちょっと外れたその場所から良いサイズのヤマメたちが顔をだしてくれた。流す場所さえ間違わなければヤマメは出てくれる。昨日の疲れが残っていたけれど。 今日と合わせてリフレッシュになったかなあ?

新幹線で南へ向かう
HIT!素直なフィーディングレーンにはいない

新幹線で南へ向かう
なかなか良いサイズでしょ

新幹線で南へ向かう
今日一番のグッドコンディション