■4月2日 右支夏井川釣行

 近くの里川でヤマメと出会う

覚めたら外は雨模様。昨日の釣りの疲れが抜けないままTVを観ていたが、どうにも落ち着かない。しかたない行ってくるか(笑)。

最近ちょっと気になっていた川を覗いてこよう。右支夏井川の最上流部にあたる県道65号線に沿って流れる里川である。本当に小さい川だが先日橋の上から覗いた時に良型のヤマメが泳いでいたのが頭の端っこに引っかかっていた。実はこの川、自宅から車で5分くらいの場所にある。魚がいるのは知っていたがとても釣りがしたくなるような川ではなく今まで一度も入った事が無い。お遊び感覚でちょっと出かけてみよう。川原に下りてあたりを見回すがハッチらしきものはまったく見られない。水温を計ると5.7℃。気温も低くドライでは厳しいかもなあと思いながらも#16ガガンボのイミテートを結んだ。水深は膝下ぐらいで細い流れのちょっとした深みを見つけてフライを流すが無反応。やっぱりこの天気じゃ無理かもなあ。少し上流に移動すると分流したちょっとゆるい流れがあった。良く見ると小さなヤマメが数尾泳いでいる。

流れにフライを静かに落とすと一発ででた。20センチくらいのピンシャンヤマメ。昨日の好間川のヤマメと違いすっかりさびも取れて元気一杯のヤマメだ。ネットですくい、手を添えるとものすごく水が冷たい。カメラに収めたあと流れに戻した。数匹のヤマメと対面したころ餌釣りのおじさんが下ってきたので、川から上がった。