4月8日 室原川釣行

 浜通りの大好きな渓に行ったのだが

猫柳

10時半くらいに現地に到着した。日釣り券を購入し入渓ポイントを探して車を走らせた。土曜日だし、きっとたくさんの釣り人で賑わっているだろうなと思っていたのだけど車が2,3台しか停まっていない。やったね、今日は一日ノンビリできそうだ。幸先がいいなあ。ということでいつもの入渓ポイントは後回しにして、最近入っていないが昔なかなか良い釣りをした採石場入り口の橋の下から入渓した。水温を計ると6.9℃。これならドライで大丈夫。良い日になりそうだ(^^)V今日の天気は3時ころから雨の模様。雨の前にいくらかのハッチが期待出来そう。うす曇りのこんな天気はハッチには最高の条件だ。早速ガガンボを結んで流れにキャストする。案の定反応がない。まあもう少し移動すれば良いポイントが出てくるしノープロブレムだ。流れにキャストしながら釣りあがる。いよいよ待望のポイント深呼吸してフライをキャスト。「出ろ!」「・・と。出ない」あらら、ダメだねえ。川の流れを良く見るとなんだかやけに緑っぽい。川底がどこもかしこも緑色だ。

藻

んだ石に緑色をしたサンタクロースのひげのような藻がびっしりと生えている。こんなに富栄養の川になっていたなんてどういうことだろう?スナフキンさんは去年とても良い釣りをしたらしく今年は通いつめるといっていたけれど大丈夫かなあ?いくつかのポイントを探るがまったく反応なし。良く見ると今入ったばかりの足跡がいっぱい付いている。多少の先行者は気にしないが川の状態が悪すぎるのでいつもの場所に移動することにした。上流なら幾分は状況も違うだろう。いつものポイントに移動する。やはり石の周りには藻がびっしり生えている。案の定まったく反応が無い。川を横切っても魚の走る影はおろか新子の姿も無い。Ownerの嫌いなウグイの姿さえ見当たらない。そうこうしているうちに雨が降り出した。ハッチが起こるまもなく、大粒の雨が降り出し釣りは中止。この川で釣れなかったことは今まで記憶にないなあ(濁りで釣りにならなかった時は別だけど・・)心身ともにかなりのダメージです。来週は仕事になるかどうかわからんぞこりゃ。(爆)

室原川