4月22日 鮫川支流 O川とK川釣行

 谷津田川の不調をリベンジ


里川の典型的なO川の流れ少し濁りが混じる

て、谷津田川に見切りを付けたOwnerとfuneさんは鮫川支流に大移動。約1時間ちょっとの車を走らせるとさっきまでとはまったく違っていい天気。空気の暖かさが全然違う。谷津田川は気温5℃だったからなあ。福島県は太平洋から新潟まで東西に長いので地域により気候が全然違う。黒潮の流れる太平洋側の浜通りは年間を通じて比較的暖かいので、渓魚の始動も断然早い。鮫川の支流であるO川に着いた。ここの川はOwnerの釣り仲間である千葉の某氏が「公表しないでくれ〜」って言うので公表は控えさせていただきます。ごめんなさいm(__)m。判る人は判るでしょうし(^^;もしどうしても知りたい人はOwnerにメールでもください。この川はあまり目立たない小渓流ですが、そこそこのサイズのヤマメが顔を出す良いポイントです。割と釣り人も少なくて土曜日だというのに貸しきり状態です。天気も良いしいい感じです。いつものポイントのフライを流す。反応がない。「あれ?いないのかな・・・?」「フライが悪いのかな・?」


この川は葦の川

川 流芯脇にFLYを流す食事も終わり、K川に移動した。3人で別々のポイントに入った。一番下流のポイントに入った。ここは入渓しやすく釣り人も多いポイントだがすでに疲れが出てきたOwnerにはちょうどよいポイントだ。(笑)やはり釣り人は多いようで足跡があちこちについているが、そんなことにめげている場合ではない。このままでは本日(ボ)確定してしまう。葦の間の細い流れにスルーウイングダンのコカゲロウパターンをながすと「出た!」「やった(ボ)脱出だ!」慎重にネットに収める。サイズはいまいちだがそれなりにきれいなヤマメだ。写真をとって流れに返す。その後もいい感じでヤマメがHIT。さっきまでの不調が嘘のようだ。結局10尾のヤマメをキャッチ。他の二人もそれなりに良い釣りが出来たようだ。さて、いつもなら川の近くで焚き火&宴会となるところだがOwnerの家も近いことだし本日の宴会はOwnerの自宅で開催となった。いつものごとく釣り談義に花を咲かせ明日の釣りに思いをはせた。結局、宴会終了は午前2時。判らんうちに寝込んでしまった。「明日は、イ・デ・・・・ZZZ」


スルーウィングダンを咥えたヤマメ