4月29日 余笹川釣行

 小百川のリベンジ、帰りがけに余笹川に寄ってみた

余笹川
余笹川上流部、ヤマメとイワナの混生域だがヤマメの姿が多いところ

まりにも情けない結果に終わった小百川を後に帰路に着いた僕たちだったけれど、どうにもすっきりしないので板室温泉あたりで釣りをした後、のんびりと温泉にでも浸かって帰ろうかと言うことになりました。まだ陽は高いので東北道に乗るのを止めて一路板室温泉へと向かいました。 しかし時はGWの真っただ中、板室温泉の駐車場は観光客の車でごったがえし、河原では子供たちが石を投げて遊んでいる始末、僕らはここをあっさりと諦めるのでありました。 那須から白河方面に車を走らせる途中「そうだ、久しぶりに余笹川でも釣ってくか」と僕が言うと「いいよ」との一言で余笹川に行くべくUターンです。余笹川の上流、数件の別荘があるところまで車を走らせるともうそろそろ時間も良い感じに、弟は少し下流に、僕は別荘のあたりから川に入りました。 僕が入った場所は水深が浅く小さな落ち込みが連続するいかにもちびヤマメのポイントと言う感じの流れでした。

Owner
当歳魚が次々とフライに出てくるのだが

その予想はピタリと当たり、小さなポイントの落ち込みのカタ辺りからヤマメがフライを咥えます。20Cmに満たないヤマメたちがあちこちから顔を出します。「数はいるんだけどなあ・・」どうもこれだけサイズが小さいと集中力も欠けてきます。少しだけ大きな石が沈んで流れを少しだけ弛ませているところで割と良いサイズが出ました。けれどもやはりフッキングしませんでした。「どうも良くないなあ、一体どうしたんだろう・・・」不調です、このままだと釣りが大嫌いになりそうです(^^;フラストレーションに加えてストレスまで溜まってきそうです。 下流に入っていた弟が追いついて来ましたが彼もあまり釣れていないようです。

ろそろ陽も傾き始め、いよいよディナータイムの到来を感じさせます。車にカメラを置いてきてしまっていたのでカメラを取りついでに朝から使っていたバンブーロッドに替えてヤマメスペシャル#3をセットしました。気分転換とでも言いましょうか、スランプ脱出に藁にもすがる気持ちです(笑)これからのイブニングタイムはこの上の堰堤の上流にかけるつもりです。川に戻りちびヤマメと遊んでいると上流から釣り人が二人、そしてまた一人と下って来ました。「あらら、そんなに入っていたんだねえ(^^;」少しばかりショックです。その後期待のイブイニングにも爆発は起こらず、数尾のちびヤマメと遊んでもらいましたがこれというサイズには巡り合えずに納竿となりました。結構数は居るようです。梅雨が開ければもう少しサイズアップしたヤマメに巡り合える事でしょう。 それにしても僕のバラシ癖はホント病的です。情けない・・・。

ヤマメスペシャル ヤマメ 弟が釣ったヤマメ

Orvisのヤマメスペシャルが剛竿に思えてくるようなそんなサイズのヤマメばかりがフッキングしてくる。それなりのサイズも居る筈なのだがやはり釣り人が多いのだから仕方ないのかも知れない