8月5日 小樽川・白川釣行

 久しぶりに平日釣行、山形に向かう。

ヤマメ
今日はヤマメからのスタートになった。イワナはいずこ。

曜日、久しぶりに休暇を取って平日釣行としゃれ込んだ。夜中に家を出て『道の駅田沢』で一夜を明かす、いつもの釣行パターンだ。平日で人も少ないだろうし、のんびりと釣り上がるつもりだ。夜明けを前にして川に入った。うっすらと立ち昇る川霧と白んだ空気が心地良く身体の芯までマイナスイオンが染み渡る。

回、立て続けにヒットしたポイントを丹念に攻めるのだが思ったような反応がない。どうにもヤマメの当歳魚の攻撃が激しい。 はじめに釣れたのはヤマメ、それほど大きくは無いけれどこのプロポーションは素晴らしい。 その後もチビヤマメのアタックに悩ませられるが期待するサイズは全く姿を見せない。見ると川原には新しい足跡が付いていたどうやら僕のすぐ上流から入ったらしい。

powellが折れた
愛竿のパウエルのティップが・・

日は、久しぶりに故ウォルトンパウエルの手によるバンブーロッドを持ち出して来た。ミディアムアクションのパウエルはゆったりとした釣りをするのに最高の竿だ。 まさか、こんなことになるとは想像もしていなかったし。 ロッドを股に挟みフライ交換中ロッドティップが流れに揉まれ石と石の間に・・。ロッドを起こそうとしたときにパキッ!と言う軽い音がして、哀れパウエルのティップが折れて流れていった。一瞬、天国からウォルトン翁のため息が聞こえた。 竿が折れては釣りにならず、僕はヤマメ一匹釣ってこの川を戻ることになった。

広川原川
朝靄の白川支流。イワナが待ってるはず。

てどうしたものか、このまま帰ったのでは男が廃る。とりあえず嫌なイメージの付いたこの川は止める事にして、ここから30分ほどの白川に移動した。 すでに陽も上がって来たので支流に入ることにした。 久しぶりの白川、果たして反応はどうだろうか、逸る気持ちを抑え川に下りた。 一投目流れの端の緩やかに反転する流れでイワナが出た。鰭ピンの綺麗なイワナだ。 その後、4匹連続でヒットし、これはイワナパラダイスかと思ったのだが・・・・。

イワナ
まずは鰭ピンのイワナ

一時間ほど釣り上がったけれど何故か全く反応が無くなり、太陽の高度もかなり高くなったのでここで川を上がることにした。 川を下り始めてすぐ、流れがカーブする場所の左岸のぶっつけに淀みが出来ていた。釣り上がったときには気づかなかった。 こういう場所には大物イワナが入っているのだと勝手にイメージを膨らませて白泡の切れ目にアントパターンを送り込んだ。 一瞬、フライが視界から消えて、その瞬間に水面下で影が動いた。流れに乗って3段したの開きまで走ったイワナは今日一番のファイトを見せてくれた。サイズはジャスト27cmだったがピンと張った鰭がその強さを物語っていた。

イワナ
朝日に輝くイワナ。

後の最後に思わず良い釣りをして、少しテンションが上がって来た。入渓場所まで川を下るのも脳が無いと思い脱渓場所を探すとあるある、草が踏み分けられて上の道路まで続いている(・・ような気がする) 踏み後を追って進んで行くとすぐ道路に出そうな雰囲気だったのだが、道路はまだまだ上のようで、途中踏み跡は急坂へと続いている。ここに来てどうにも気持ちが不安定になって来た。そう、この踏み後は釣り人の物では無くいわゆる獣道だった。目の前に熊笹の藪が現れた時、僕の不安は最高調に達した。

イワナ
今日一番のイワナカッコいいなあ。

なんともタイミングが悪いことに、さっきまでベストに付けていたクマ鈴は着替えたときに車に置いて来ていた。僕は叫びとも悲鳴付かない妙な声を張り上げながら熊笹の藪の中を潜り抜けたやっと開けた場所に出た。道路は遥か100mほど先立った。ちょっと、楽をしようとしてエライ目に遭ってしまった。急がばまわれと言う先達の言葉を思い出した。

んなことも有って、クタクタに疲れて下山した僕は白川脇の『白川荘』で汗を流した。今日の惨劇を脳裏から振り払うべくゆっくりと湯船につかりリラックスした。でも、道具は使ってなんぼだし、押入れにしまって置くよりはずっと良いと思っている。もう少し大きな魚を釣らせてやりたかったけど、美形ヤマメを最後に釣ってパウエルも満足だと思うのだが。