猪苗代・秋元非出資漁業協同組合

 遊漁エリアの紹介

日本第4位の面積を持つ猪苗代湖とその周辺は磐梯朝日国立公園に指定されており一年を通じて観光客の絶えないエリアである。猪苗代・秋元非出資漁協の免許エリアはその猪苗代湖と流入河川および上流に位置する秋元湖とその流入河川となっているが、福島第一原発事故により秋元湖とその流入河川はイワナ・ヤマメとも禁漁となっている。秋元湖より下流、猪苗代湖に流入する長瀬川は支流の酸川出会いより上流のヤマメ・イワナは国から出荷制限指示されており事実上禁漁となっているが、出会いから下流の長瀬川の他、猪苗代湖に流入する河川と猪苗代湖はヤマメのみ出荷制限の対象となりイワナは釣りの対象である。酸川の上流の高森川と達沢川も原発事故により禁漁を余儀なくされていたが2016年4月より解禁となった。近年猪苗代湖では大型のイワナがトローリングなどで釣られており新しい釣りの対象エリアとして関心が高い。また、2019年3月14日、秋元湖と秋元湖に流入する河川及び長瀬川(酸川との合流点から上流)の出荷制限が解除されたことにより猪苗代湖と流入河川のヤマメを除いて遊漁可能となった。

 事業概要

 第五種共同漁業権免許番号

内共第十三号(猪苗代湖)
内共第十四号(秋元湖)

 漁場の位置および区域

内共第十三号 : 猪苗代湖およびこれに注入する河川の区域(秋元湖放水路との合流点から上流の長瀬川、長瀬川と酸川との合流点から上流高森川との合流点までの酸川(支流を除く)、中ノ沢、小塚川、硫黄川、琵琶沢を除く)但し酸川については実質強酸性のため魚の生息が不可能とされている。
内共第十四号 : 秋元湖およびこれに注入する河川の区域

上のBOX内に地図が表示されない場合は下の「河川地図」ボタンをクリックしてください。別フレームで河川情報が表示されます。

  •  河川地図
  • ※この地図は地理院タイル(標準地図)を「FFこみゅ」が加工したものです。

 主な免許河川

猪苗代湖、秋元湖、中津川、大倉川、長瀬川、酸川、高森川、達沢川など

 平成31年度 目標増殖量

(平成31年3月1日 福島県内水面漁場管理委員会告示第二号による)
 
漁業計画公示番号 河川名 イワナ ヤマメ
内共第十三号 猪苗代湖 17,500尾 7,000尾
内共第十四号 秋元湖 22,400尾 15,400尾

 遊漁期間

いわな・やまめ 4月1日~9月30日

 遊漁料

漁業計画公示番号 日釣り券 現場売り 年券
内共第十三号 700円 1,000円 7,000円
内共第十四号 700円 1,000円 7,000円

 採捕禁止区域等

第五種共同漁業権遊漁規則(漁協)による採捕禁止区域

舟津川河口から舟津川堰堤下流端までの区域内におけるませ場の中心点から、上流及び下流それぞれ一〇メートルまでの区域(5月1日~7月31日)
新前浜の湿地帯の区域(導水路を含む)(5月1日~7月31日)
浜路浜郡山市水道局取水口から浜路浜湖岸に対し垂直に引いた線と浜路浜湖岸が接する交点を中心として、猪苗代町側及び会津若松市側へそれぞれ二〇〇メートルまで、及び沖合二八〇メートルまでの区域(通年禁漁)
達沢川の達沢不動滝を中心として上流及び下流五〇〇メートルの区域(通年禁漁)

福島県第一原発事故に伴う制限

秋元湖、檜原湖、および小野川湖に流入する河川(支流も含む)のイワナ:国からの出荷制限指示 平成24年3月29日より(H30年3月29日現在)
秋元湖、檜原湖、および小野川湖に流入する河川(支流も含む)のヤマメ:国からの出荷制限指示 平成24年6月6日より(H30年3月29日現在)
猪苗代湖およびこれに流入する河川(支流を含む・ただし酢川とその支流を除く)のヤマメ:国からの出荷制限指示 平成24年4月24日より(H30年3月29日現在)
日橋川のうち金川発電所の上流のヤマメ:国からの出荷制限指示 平成24年4月24日より(H30年3月29日現在)(該当漁協無し)

 所在地

耶麻郡猪苗代町大字磐里六角七十八番地の一

 連絡先

TEL 0242-62-4453

記事の一部又は全体の情報は、変更、削除若しくは廃棄されている場合があります。情報の利用に関しては自己責任でお願いいたします。Owner@FFこみゅ

FFこみゅへのご意見・お問合せはこちら