檜原漁業協同組合

 遊漁エリアの紹介

磐梯朝日国立公園に属する桧原湖と小野川湖とそれぞれに流入する河川が檜原漁協の免許エリアである。俗に裏磐梯と呼ばれる磐梯山を中心に五色沼などの湖沼群が織り成す絶景の観光地として名高いエリアにあって、近年桧原湖はスモールバス生息地として一躍有名になり各地からバサー達が訪れている。バスプロのトーナメントも開催されるなどバス釣りのメッカとして名を馳せる湖となっているがヤマメ・イワナなどの渓流魚は福島第一原発事故により禁漁となっている。もともとワカサギの穴釣りのメッカだったが、基準値を上回る放射線によりワカサギ釣りも禁漁となっていたものの、現在は解禁となり多くの太公望が訪れている。渓流魚についても早期の復活が望まれるところである。

 事業概要

 第五種共同漁業権免許番号

内共第十五号(小野川湖)
内共第十六号(檜原湖)

 漁場の位置および区域

内共第十五号 : 小野川湖およびこれに注入する河川の区域(曽原湖(そはらこ)、長峰水門から小野川湖に至る水路、狐鷹森(こたかもり)水門から大沢川との合流点までの水路および大沢川を除く)
内共第十六号 : 檜原湖およびこれに注入する河川の区域(雄国沼を除く)

上のBOX内に地図が表示されない場合は下の「河川地図」ボタンをクリックしてください。別フレームで河川情報が表示されます。

  •  河川地図
  • ※この地図は地理院タイル(標準地図)を「FFこみゅ」が加工したものです。

 主な免許河川

桧原湖、長井川、戸倉川、大川入川、小野川湖、小野川、中ノ沢など

 平成31年度 目標増殖量

(平成31年3月1日 福島県内水面漁場管理委員会告示第二号による)
 
漁業計画公示番号 河川名 イワナ ヤマメ
内共第十五号 小野川湖 8,400尾 5,600尾
内共第十六号 檜原湖 37,100尾 22,400尾

 遊漁期間

いわな・やまめ 4月1日~9月30日

 遊漁料

漁業計画公示番号 日釣り券 現場売り 年券
内共第十五号 700円 1,000円 7,000円
内共第十六号 700円 1,000円 12,000円

 採捕禁止区域等

福島県内水面漁業調整規則(県)による採捕禁止区域

無し

第五種共同漁業権遊漁規則(漁協)による採捕禁止区域

無し

福島県第一原発事故に伴う制限

檜原湖・小野川湖およびこれに流入する河川(支流を含む)のイワナ・ヤマメの採捕禁止

 所在地

耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ケ峯千九十三‎番地

 連絡先

TEL 0241-32-3468

記事の一部又は全体の情報は、変更、削除若しくは廃棄されている場合があります。情報の利用に関しては自己責任でお願いいたします。Owner@FFこみゅ

FFこみゅへのご意見・お問合せはこちら