フライライン

ほかの釣りでは見かけない太い糸がフライラインだ。この釣りを知らないおじさんは必ずこう言うのだ「そんな太い糸で魚が釣れるのか?」こんな太い糸で魚は釣りませんよ(笑)この太い糸にはもっと違った役目があるのだよ。

フライラインの役割

フライラインの一番重要な役割は鞭のように伸びてその先に結ばれているリーダーにキャスティングで得た運動エネルギーをロス無く伝えてやることだ。しなやかなこのラインは先細りの形状になっていてパワーを伝達するのに都合良くデザインされているのだ。川の流れを想像しなさい、川幅の広い所をゆっくり流れて来た水は川幅が狭まったところで強く速い流れになるだろう。

テーパーデザイン

フライラインの種類

フライラインにはいろんな種類があって何をどう選べば良いのか間違いなく君は悩んでしまうだろう。その悩みを解決するための手助けをしよう。まずこのラインの分類には次の3つの観点から分けることが出来るのだ。

形状による分類

ライン形状による分類は一般的だ。主な形状分類は次のようなものだ

DT(ダブルテーパーライン)
ラインの両端が同じテーパーデザインになっているラインだ。レベルラインの部分が太く長いので全体の質量が大きい
WF(ウェイトフォワードライン)
ラインの先端部分が太くそれ以外の部分は細いレベルラインになっている。質量が先端部に集中しており遠投や大きなフライをターンオーバーさせやすい
ST(シューティングライン)
ウェイトフォワードラインの先端部だけを切り取った物でレベルラインの部分には細いモノフィラのラインなどを繋ぐことで抵抗を減らし遠投を可能としたもの
フライラインの詳細はこちらをみてみよう>>
比重による分類

ラインの比重による分類はラインが水に浮くライン、沈むライン(沈む速度もある)など水との親和性を表す分類なのだ

(F)フローティングライン)
水面に浮かぶラインだ。ドライフライの釣りには必需品だ
S)シンキングライン
沈むラインの事、沈下速度によりいくつものタイプがある。深場にいる鱒にニンフフライやストリーマーフライなどを届けてあげるための必需品さ
(I)インターミディトライン
比重がほぼゼロのラインは水面下にわずか沈む程度なのだ。これはウェットフライで静かな水面下を釣るのにとても役立つ。
(F/S)シンクティップライン
先端がシンキングラインのフローティングライン早い話、シンキングラインとフローティングラインをくっつけた物だ。先端だけが沈むラインで、その比重の違いからフローティングシンキングラインとも呼ばれるのだ
フライラインの詳細はこちらをみてみよう>>
ライン重量による分類

ラインの重量はAFTMAの規格で1番(#1)、2番(#2)と言う風に分けられている。これはキャストするフライの大きさや重さによって適切なパワーを伝達する(きちんとターンオーバーさせる)ための種類なのだ

フライラインチャート

フライラインの詳細はこちらをみてみよう>>