リーダーとティペット

リーダーとティペットは魚を釣るためのナイロン糸だ。なるべく魚に気付かれない方が当然有利なのだが細けりゃ良いってもんじゃないのだ。

リーダーの役割

リーダーの役割もフライラインののそれと同様にテーパー設計になっていてキャスティングのパワーをフライラインから受け取ってフライが結ばれているティペットにに伝えてやる重要な仕事を担っている。併せて釣り糸としての存在もあるので一般的には魚に気づかれないよう透明なナイロン糸が用いられている。

テーパーリーダーのデザイン

リーダーがテーパー設計になっているのはフライライン同様パワーの伝達を良くするためなのだ。リーダーにはフライラインに結ばれるバット部とフライやティペットが結ばれるティップ部があるがそれらの長さや太さによって性能が変わってくるので注意が必要なのだ。バット部が太く長いリーダーはティップ部が短くテーパーがきつくなりパワーの伝達能力が高くなる。大きなフライもターンオーバーさせることが出来、遠投してもフライまでパワーが伝わり易いのでキャスティングを考えれば使い易いリーダーなのだが、太いリーダーと短いティップ部は水流の影響を受けやすくドラッグがかかり易いと言うデメリットもある。対してナローテーパーのリーダーはパワーの伝達力が低い分静かなプレゼンテーションが可能なので小さなフライを扱うには具合が良い、ニンフなどフライを沈めて釣るにも水流の影響が少ない分扱いやすいのだ。リーダーはこの釣りでの一番の消耗品だ、好きな素材を求めてノッテッドリーダーを自作するのは大変に有効だよ。新しいリーダーを買うための資金を毛ばりを作るための材料費に充てるって言うのはどうだろうね。

ノッテッドリーダーの作り方はこちらに>>

テーパーデザイン

ティペットの役割

リーダーは消耗品なのだ、特にティペット部はフライを交換するたびカットするのですぐ無くなってしまう。あらかじめ必要なサイズの交換用のティペットを準備しておこう。最初からリーダーのティペット部をカットして必要な分だけ交換しておくのは良いことだ。実はリーダーの素材は硬くティペットとしては不向きだったりするのだ。ティペットはモノフィラメントレベルラインなのでリーダーのようにパワーを伝達するのが目的では無い。普通の釣りで言うところのハリスの役目なのだ。リーダーと違い柔らかな素材はフッキング時の合わせ切れを防ぐ役割もある。フライサイズによって適切なサイズのティペットを選択するのが重要だが最近の素材は細くてもかなりの強度があるのでより細いティペットを選ぶことも可能だが細すぎるティペットはターンオーバーしにくくなる事を理解しよう。キャスティングに影響の出るような選択は逆効果なので注意しよう。

ティペットとフライの適合表