第三章 キャスティングを覚えなきゃ

タックルの準備は完了したのだが、まだ釣りに出かけるにはやらなければならないことがあるのだ。フライフィッシングならではのキャスティングを理解しなければならないのだ。まずはキャスティングの理屈を考えてみようか。

グリップの方法

ロッドの握り方にはいくつかの方法があるのだ。

サムオントップグリップ
親指をグリップの上に乗せて握るのはグリップの基本スタイルだ。親指により力のコントロールがしやすく手首が回転しにくいのでロッドを真直ぐに振りやすいことと、ショートストロークでもパワーを入れやすくパワーキャスティングが可能なのだ
サムオントップグリップ
インデックスフィンガーグリップ
人差し指をグリップの上に乗せる方法は力のコントロールがしにくい分、ロッドのふり幅も大きく出来ない。このことが小さなストロークでのキャスティングをしやすくするためロッドのブレも少なく正確なキャスティングがしやすくなる。ピンポイントを狙うのに適したキャスティングでクローズドスタンスと併せると使いやすい
インデックスフィンガーグリップ
フリーリストグリップ(V字グリップ)
インデックスフィンガーグリップから人差し指をグリップの右側に回すと親指と人指し指がVの字を作ることからこの名が付いた。高番手の重いロッドを振るには親指でロッドのコントロールをするよりはるかに楽なのだ。リストが自由に使いやすい反面、バックキャスト時にロッドティップが回り込みやすいので注意が必要だ。バックキャストはせいぜい顔の横ぐらいまでで止めることで回り込みの解消は可能だ。オープンスタンスと組み合わせることでロッドのストロークを増やすことが可能となり遠投するのに使いやすい。この方法はサムオントップよりも力を必要としないため僕のように筋力の落ちたシニアはお勧めなのだ。
フリーリストグリップ

僕は、パラボリックなバンブーロッドを使う時はサムオントップをティップアクションのグラファイトロッドを使用する時はフリーリストグリップと使い分けているのだ。

スタンス
レギュラースタンス
レギュラースタンス
目標方向に正対するのことからロッドの移動が真直ぐに行いやすくバックでの回り込みなどが起きにくいのでサムオントップグリップと併せると良い結果が得やすいので初心者の方はこの方法から初めて正しいロッドの移動方法を習得すると良いかもしれない。
オープンスタンス
オープンスタンス
右側の足を後ろに引いたスタンスは他のスタンスに比べると体の右側に稼動スペースが確保出来るのでキャスティングのストロークを十分に確保出来るので長いラインのフォルスキャストを行う時や遠投時に適している。
クローズドスタンス(アキュラシースタンス)
クローズドスタンス
クローズドスタンスは体の動きが抑制されることから正確なキャスティングが必要なときに用いられることが多い。

スタンスとグリップの組み合わせパターンについて書いてみたがフィールドの状況によりでスタンスは一様とはならないためどのスタンスでも投げられるようにしなくてはいけないよ。

キャスティングの構成

さて、ロッドの握り方を覚えて立ち方も覚えたところで次はいよいよキャスティングの方法を説明しよう。 まず、フライを目的前方に投げるためにはラインにパワーを与えて転がり運動をさせなければならないのだそのためにはラインを一度後方に投げて(それをバックキャストと呼ぶ)そのラインの重さ(正確にはスピードやラインの質量やラインスピードによる加速度などを総合した加重)によりロッドを曲げてやる必要がある。曲がったロッドの反発によってさらに加重を加えたラインを前方に投げてやる(これをフォワードキャストと言うのだ)ことで錘も無い軽いフライを遠くまで飛ばしてあげるのだ。 その一連の動作は水面にあるラインを空中に引き上げる動作(ピックアップ)から始まり後方にラインを飛ばす(バックキャスト)そして方向転換をして前方に飛ばす(フォワードキャスト)動作の後フライを目的の場所に落とす動作(プレゼンテーション)を行いフライキャスティングは完了するのだ。厳密に言うとバックキャストからフォワードキャストに移るまでの間ラインのループが展開するまでロッドを静止する動作(ポーズ)が前後一回づつ入ることになる。

フォルスキャスト

キャスティングの原理

錘も無いのにあの軽い毛ばりがあんなに遠くまで飛んで行くのだろう?

まずロッドを知ろう

キャスティングを語るにはロッドの特性を知らなければ話にならない。ロッドは、力を加えれば曲がり加えた力をゼロにすれば元に戻る。但し力をゼロにしてもすぐに元の位置に戻るのではなく元の位置を通り越して反対方向に曲がり又、逆方向に曲がり次第にその振動を吸収して元の位置に戻るという性質がある。それを弾性と言うのだ。そして曲げようとしたときに曲げられ無いようにする力が働き(反発力と言う)曲げられてしまうと元に戻ろうと言う力(復元力と言う)が働くのだ。このロッドの性質がフライキャスティングを可能としていることを覚えておこう。

ループが出来るメカニズム

フォワードキャストを例にとってループが出来るメカニズムを考えよう

バックのポーズ位置からロッドが移動して停止するまで
フォワードキャストに入り前方でロッドが停止するまではロッドティップがフライラインを引っ張ってくる。(フライラインは常にロッドティップに追従するのだ)

ロッドティップの停止によりループが発生する
フライラインを引いてきたロッドティップが急停止するとフライラインは慣性により前方に移動しようとする。この時、ロッドティップにも慣性が働きロッドの弾性によりロッドティップは前方に曲がる。この時に出来るティップの高低差をティップアーチと言い、このティップアーチによりループが発生する。もしティップアーチが無ければロッドティップに追従するラインはループを形成することなく、ロッドティップにぶつかってしまうことになるのだ。

ループの展開(ターンオーバー)
慣性により前方へ移動したラインはリール側のラインをリリースしない限り、ラインベリーはロッドティップに固定されていると同様なことからラインのティップ側が展開する。これをロールアウトと言う。普通はラインをリリースするのでリリースされた長さ分、前方に移動してからロールアウトすることになる。

フライラインのパワーバランス
フライラインの初速はロッドティップの初速に他ならない。この初速がフライラインを移動させるのに必要な速度を超えれば急激なターンオーバーが起こるし、速度が不足すればターンオーバー出来ないまま重力に負けて落下することになる。正しいキャスティングにはフライラインの長さに合った速度が求められるのだよ。

ナローループとワイドループ

ループが出来るメカニズムが解ったところでナローループ(幅の狭いループ)とワイドループ(幅広いループ)について考えてみよう。ナローループは空気抵抗が少なく遠投に向いていると言われており、ワイドループは空気抵抗が大きいため大きなフライを投げたり、遠投には向かないと言われています。そのとおりではあるのですがナローループが悪いと言うことではないので勘違いしないでくれよ。ナローループはスピードこそ出ないが幅が広いためトラブルが置きにくく静かなプレゼンテーションが可能なため渓流でのポイントを狙った釣りには向いているのだ。

ロッドの移動距離を短くすると必然的にロッドティップの停止角度が小さくなる。自然とロッドティップ位置が高くなりナローループを発生させることが出来るのだ。

ロッドの移動距離を大きくするとロッドティップの位置が下がりワイドループが完成する。ストロークの大小に限らずロッドのアクションもこれらのループに影響を与える大きな要因である。

ティップアクションのロッドはティップ部分が曲がることからナローループが発生しやすくナローアクションのロッドは曲がる位置がバットよりになりワイドループが発生しやすいのだよ