Field Reports

明日の楽しい釣りのために、今日の記録を残しておこう。

■8月29日 置賜白川釣行

荒川の悔しさを白川で晴らすことにした

白川
白川の澄んだ流れに荒川のリベンジを誓う

晩のうちに白川に移動していた僕らは車中で仮眠をとった。4時半、弟に起こされて川に移動。入渓しようと思っていた場所にはすでに餌釣りの人が入っていた。やむを得ず僕らは更に上流に向かった。 フライは#10のウイングにCDCを使ったレネゲード改(殆どオリジナルになったが)、勿論尺ヤマメ狙いなのだ。 入ってすぐの小さなポイントからイワナが出たがフッキングしなかった。一発目を外すと一日調子が悪いと言うジンクスは先日の白川の釣りで返上した。・・はずだ。 その隙に弟のロッドが曲がった、綺麗なヤマメがネットに入った。僕は俄然元気が出てきて川を歩く足元にも自然と力が入った。

白川ヤマメ
尺は超えたと思ったんだけど28cm。でもものすごく幅広だからね。

きなプールの大石脇の絞られた流れにフライを流すと大きな影が浮かんでレネゲード改#10を咥えた。「デカイ!」思わず声が出た。見るからに幅広のヤマメがリーダーの先にいる尺あるなと思ったがネットに入ったのは28cmのヤマメだった。その後、弟も流れの中から同サイズのヤマメを上げた。少し上流に移動すると左に太い流れ、右に細流の分流に当たった。僕は太い流れを選択した。

白川ヤマメ
フライに4回もアタックしてくれた泣き尺ヤマメ幅広の素晴らしい魚体だ。

ぐ目の前の大淵にフライを落とすと水底から大きなヤマメが浮いて来た。フッキング寸前、ドラグがかかってその大ヤマメは水中に消えた。「うわー!やっちまった」思わず声が出るほどの衝撃、明らかに尺はあったようだ。殆ど諦めていたけれど念のためもう一度フライをキャストする。なんと同じ場所からまたヤマメが浮いてきた。しかしまたしてもドラグがかかってしまい、ヤマメは消えた。少し、上流に移動しクロスストリームでフライを落とした。まさかもう出ないだろうと思っていたので3度目のアタックには慌ててピックアップしてしまった。「あちゃー!」まさか3度も出るとは思わなかったけどそれにしても何てへたくそなんだ。

白川ヤマメ
こんな幅広の美しいヤマメにはそうそう出会えるものじゃないよ。

もう一度レネゲードを流れに乗せると信じられないことに4度目のアタックがあった。今度ばかりは確実に余裕を持ってフッキング。ネットに収めたのは29cmの幅広ヤマメ。これは明らかに尺を超えたと思ったのだが残念ながら泣尺ヤマメだった。それにしても幅広で銀色のスーパーヤマメに気分も上々、分流では弟が良いサイズのイワナをキャッチしていた。


これも29cmの泣き尺ヤマメ。本当に見事だ。

の後も幅広の良型ヤマメを何匹かキャッチして完全に昨日のリベンジを果たすことが出来た。大満足。実は、川から上がる直前大きなプールの底に明らかに35cmはあるだろう大ヤマメを発見。ニンフBOXは持ってきていないし、たまたまフライパッチにあったウェットフライにショットをつけて送り込むのだが相手にされない。鼻先にフライが近づくとそっぽを向いて移動してしまう。次のリベンジはこのヤマメか。

白川イワナ
弟はまずまずのイワナをGET