Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■ウェットフィシングを覚えよう

ウェットフライトは水面に浮かぶドライフライトは異なり、水面下を流す釣りです。水面直下(サーフェス)を流したり、沈むフライラインと組み合わせて深い水深を探ったりと魚の状況に合わせた釣りが可能になりますので魚と出会えるチャンスもグッと増えるかもしれません(^^)特にイブニングのBIG ONEを釣るには覚えて損は無いはずです。大きく賢くなった魚はたとえイブニングでも水面上に姿を現すなんて危険なことは滅多にしないものですからね

■ウェットフライのよいところ?  

ウェットフィッシングをする上でのメリットってなんでしょうか?そうくればとりあえずドライフライを使った釣りと比べてみたくなりますよね。あまりにも単純過ぎますけどドライフライが水面上をターゲットエリアとしているのに対しは水面上から水面下まで、言うなればニンフのターゲットエリアまでがウェットフライのカバーエリアということになりますね。もう、一つメリットが見つかってしまいましたね。それでは、以下にメリットをまとめてみましょう。

▼さまざまなフィーディングレーンに対応できるということ

ドライフライは水面上を流すという性質上、平面的な釣りに限定されるのに対しウェットの釣りは立体的な釣りができるというメリットがあります。これは、キャスティングの方向により水面に対し水平方向に広範囲のフィーディングスポットを探れるメリットに合わせて水面に対し垂直方向にも自由な水深のフィーディングレーンを探れるということですこれはウェットフライの釣りの最大のメリットかもしれません。後述する、ドロッパーシステムを使用すれば一度に複数のレーンを探ることができるし、いろいろなフライラインと組み合わせることによって更に広範囲(特に水深)を探ることができます。複雑な流れにも対応できるということ川の流れを考えてみましょう。手前の緩やかな流れ、流心の急流、対岸の大岩周りの深いよどみ、瀬尻の開けた流れ。ドライフライでは、どうしてもどうしても釣りきれない流れが必ずあるはずです。ウェットフィッシングでは、ナチュラルドリフトはもちろんわざとドラッグをかけたり、急にターンさせたりといろいろな釣り方を試すことができます。魚のいる水深に送り込めるだけではなくさまざまな流れに対してさまざまな釣り方で対応できるのがウェットフィッシングです。

▼大物が釣れるということ

ドライフライに比べるとたしかに大物がつれる確率は高いかもしれません。ウェットフライ自体が大きいことや、深場を探れることを考えれば当たり前かもしれません。前にも書きましたが、わざとドラッグリトリーブをしたりできることも考えればルアーフィッシングに近い釣りも可能かもしれませんね。(ちと、言い過ぎかな・・)

▼イブニングライズに強いということ

確かにイブニングライズの釣りには強いと思います。この件について私にははっきりした理由はわかりませんが、いくらあたりが暗くなったからといって大物はそうそう姿を水面上にさらして捕食するということはそうそうありません。サーフェスを流しやすいということもあるかもしれませんね。

■デメリットもありますよね

フライに出る魚が見えにくいということドライフライになれている人、餌釣りをやったことがほとんど無かった人(Ownerもさ)なんかはドライフライに出るあの一瞬が至福の時だと思ってる人も多いはずです。ドライフィッシングをこよなく愛し、ドライフィッシングしかしないって人もいます。ちなみにそんな人をドライフライピューリストなんて言います。ライズを確認して合わせる安心感はウェットの釣りでは得にくいものです。魚がいるかどうかも解らないポイントにフライを流しつづけることは相当なストレスかもしれませんね(笑) 流すエリアの広さと、いろいろな釣り方について前に書きましたが、それは言いかえれば広すぎて集中力を保つのが難しいということになるかもしれません。それを考えるとデメリットといっても良いかもしれません。の返しの早い釣りが好きな人(Ownerもだよ)には絶えられない釣りかも知れません。さっさとポイント移動したくなるでしょ(笑)ちょっとまって!だから大物が釣れないんだってば。

▼アタリが取りにくいということ

水面下を流す以上はイメージの釣りを強いられるのと、ダウンストリームに流すことの多さを考えると極めてあたりはとりにくいです。向こうあわせでフッキングしてくれればいいのですがなかなかそうも行きません。一番あたりがとりやすいのはナチュラルドリフト(テンションがかかっていない状態)からリーダーが伸びきってしまう直前の一瞬です。魚が咥えてもわからないテンションフリーの状態から、テンションがかかりっきりになってしまい咥えても違和感からすぐ吐き出してしまう時間の間のほんの一瞬です。 そんなの難しすぎるよおお!よくウェットフィッシングをしてると、”ガツン!!”っといったあたりを感じあわせるけどのらないってあるでしょ。テンションかかりすぎなんだよね。 まあ、その他いろいろあるでしょうがこの辺で(^^;