Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■ウェットフィシングを覚えよう

ウェットフライトは水面に浮かぶドライフライトは異なり、水面下を流す釣りです。水面直下(サーフェス)を流したり、沈むフライラインと組み合わせて深い水深を探ったりと魚の状況に合わせた釣りが可能になりますので魚と出会えるチャンスもグッと増えるかもしれません(^^)特にイブニングのBIG ONEを釣るには覚えて損は無いはずです。大きく賢くなった魚はたとえイブニングでも水面上に姿を現すなんて危険なことは滅多にしないものですからね

■タックルの話

ウェットフィッシングをする上での特別専用のタックルなんてないですけど、ウェットフィッシング向きって言うのはあるかもしれません。その辺を一言。ただし、ここでは普通の渓流での釣りを対象にしているため、大河や湖などのウェットフィッシングではまるっきり別のセッティングが必要なことを付け加えておきます。

フライロッドについて

ドライフライのように、姿をみて合わせるので無いため向こう合わせ的な釣りかたが多くなることを考えるとスローなパラボリックアクションのロッドがむいていると思います。ドライで使うティップアクションのロッドではあたりがわかりやすい分 、魚に対する衝撃も強いということになります。これは咥えてもすぐ吐き出すという行為につながります。長さもドライと比べれば幾分長め(8フィート〜9フィートぐらい)がいいでしょう。

フライラインについて

普通の渓流で使うことを考えればフローティングラインで十分です。ちょっと大場所で深場を探りたい場合などにシンクティップラインを使い分ければいいでしょう。

リーダーについて

リーダーは重要です。キャスティングの正確を求めるドライフィッシングと異なりウェットフィッシングでは流れにによる影響をラインが受けにくいことが最前提になります。それはバットが細く全体にスローテーパーでしなやかなリーダーが必要になります。私は、ノッテッドリーダーを自作していますが市販のリーダーを使う人はニンフ用のリーダーを使用するといいと思います。後述するドロッパーシステム用のリーダーも覚えておきましょう

フライの結びかたについて

ウェットフライにはサーモン用からイワナ、ヤマメ用までさまざまなサイズと形状があります。そのなかでもサーモンフライに代表される大型のフライにはアップアイのフックが多用されます。アップアイのフックの場合、アイに直接ティペットを結ぶとフッキング時にフライのバランスが悪くなりますので注意が必要です。

以下にアップアイのノットの方法を紹介します。ドライフライで釣りしているときにフライの浮き方がおかしかったりするときありませんか?このノットはそんなときにも有効です。私はドライフライでも時々このノットを使用します。

▼アップアイの結び方

まず、アイの下側からティペットを通し(ダウンアイのフックの場合は上から)ループを作ります。

作ったループをフックのポイント側から通します。

ボディまたはアイの後ろに止めます。

この状態でリーダーが引かれるとフックポイントに水平に力がかかることがお分かりでしょうか