Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■Webキャスティングレッスン1 

■unit2 実習1(これができれば釣りに行けます!太鼓判)

unit2は、いよいよ実習です。これが出来れば釣り行けます(笑)ということでしっかり練習しましょう。一般的にフライキャスティングの動作はピックアップ−フォルスキャスト−シュートまたはプレゼンテーションという形をとります。練習もその順番で覚えるのが普通ですが当塾ではプレゼンテーションから(正確にはピックアップからプレゼンテーション)覚えます。

ここで、学ぶ実習は今後練習をするときに一番最初に必ず行いましょう。

1.プレゼンテーション

まず、フライラインを6mほど出し(出来るようになったら出来るだけ長くしていきましょう)目標に向かって正対します。ピックアップそしてレイダウンを繰り返し練習しましょう。

ピックアップでは、ロッドを後ろに倒し過ぎないように特に注意してください。自分の頭のてっぺんからフライラインが後方上空に向かって伸びてゆくイメージで行いましょう。

それでは、早速実習に入りましょう。

★今日のレッスン内容を確認しましょう。

★レッスンは以下の事項を確認しながら行いましょう。

 ●常にループの形をチェックしてください。

 ●バックキャストでの上記ラインリリースポイントをチェックしましょう。

 ●リストダウンのタイミングを変えながら自分のロッドに合ったタイミングを見つけましょう。(リストダウンのタイミングによりループの形やスピードも変わります)

 ●ループが転がってラインが伸びてゆく感覚をつかみましょう。

 ●ラインスピードも変えながら行いましょう。

★キャスティングの動きをスライドで確認してみましょう。

※グリップの移動が胸の前から耳の脇くらいまでであることが確認できましたでしょうか。しかも横への移動というよりは縦に移動しています。これが基本的なプレゼンテーションです。グリップの高低差がティップの高低差となりループもワイドなループになっています。これはプレゼンテーションのときのリーダートラブルの回避になるとともにソフトなプレゼンテーションに結びつきます。

縦の移動を横の移動にすることによってナローループが出来るようになります。これはフォルスキャストでラインを長く出したり遠投したりするのに有効ですが、それはフォルスキャストのレッスンで学習します。

★補足

 このレッスンでは小さなストローク(ショートストローク)の中でリストのオープン、クローズをすることにより真っ直ぐにラインを伸ばす(ロッドを真っ直ぐに振る)感覚とリストダウンのタイミングを覚えるのが目的です。デモではピックアップからプレゼンテーションまでの繰返しを連続して行っているように見えますが、皆さんは一回一回確実に行いながら上記のチェックを行いましょう。

さて、これが出来れば間違いなく釣りが出来ます。きちんとしたプレゼンテーションが出来れば渓流などのロングキャストが必要ない場所であれば問題なく釣りが出来るはずです。フォルスキャストで魚を怯えさせることも無いでしょう。であればフォルスキャストは必要無いってこと・・・?。この塾ではフォルスキャストの目的を別にとらえています。それは、unit5で学習します。