Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■Webキャスティングレッスン1 

■unit3 座学「ダブルホールをおぼえよう」

1.ダブルフォールの理屈(へ理屈)

さて、ダブルホール(DoubleHaul)を語る前にフライキャスティングの原理についてもう一度考えてみましょう。小さな軽いフライを遠くまで投げるための理屈を整理してみましょう。

軽いフライを遠くまで投げるためにはフライラインの重さが重要になります。これは、フライライン(軽いフライを)遠くに飛ばす運動エネルギーが必要となるからです。つまりフライを遠くに飛ばす(運動エネルギーを大きくする)には、ラインを重くするかラインスピードを速くすれば良いという理屈になります。前者は簡単です。#3ラインより#5ライン、それより#7ラインが遠投能力に優れているということになります。それでは、同じ重さのラインをより遠くに投げるためにはどうすれば良いでしょうか。そうです、ラインスピードを速くすれば良いことになりますね。このラインスピードを上げるための方法としてホール(ラインを引いてスピードを上げる)が使われるということです。

ホールにはシングルホール(フォワーキャスト時またはバックキャスト時にラインを引く)とダブルホール(フォワーキャストとバックキャスト時両方でラインを引く方法)がありますが,より効果的なのは後者になります。

余談ですがこの運動エネルギーの理論だけではフライをきれいにターンオーバーさせることはできません。なぜなら重いラインをキャストすると軽いフライを引っ張ったまま重いフライライン先行で飛んで行ってしまうからです(シューティングヘッドを投げた時の状態です)。それを防ぐためにパワーをフライまでロスなく伝える仕組みがフライラインやリーダーに見られるテーパー構造であることを合わせて認識しておきましょう。

ここで理解してほしいことはダブルホールをする目的はラインスピードを上げるということに他ならないということです。高速なラインは直進性がよく長い距離をラインが飛行できることになります。

■ダブルホールのタイミング

さて、ダブルホールの目的はラインスピードを上げるということに他ならないと述べましたが、効果的にラインスピードを上げるためにはホールのタイミングが重要です。

ダブルホールを習う時に良く言われるのが引いて(ホール)放して(リリース)引いて放す4拍子のリズムで行うと言うことです。あながち間違いではないのですがもう少し効率的なホールのタイミングを考えてみましょう。

●ホールのタイミング

ホールはラインを引くことによりラインを加速させ運動エネルギーを大きくするために行います。ホールなしでキャスティングをした時の最大の運動エネルギーが得られるポイントはロッドが最大限に曲って復元に移るその瞬間です。もうお分かりでしょうかその時にラインスピードを最大にしてあげれば、最大の運動エネルギーが得られることになります。一言で言うとホールは「ロッドが最大に曲がった時に行う。」ということになります。

イメージはロッドがほぼ垂直になった時にホールする感じです

●リリースのタイミング

リリースはホールで得た最大の運動エネルギーを減らすことが目的になります。折角得た運動エネルギーを減らすなんて何か納得いかないかもしれませんが(笑)フォルスキャストの目的はラインを必要な長さだけ伸ばすことそしてそのラインが落下しないスピードを得ることです。ホールをするためにはラインを戻してやらなければできませんから戻すとき(リリース)にラインハンドを緩めラインを伸ばしてあげるのです。そう、最大限のパワーはラインを放出(シュート)するときに必要になるだけです。

それでは、そのタイミングはというとラインに一番負荷のかからない時点がベストです。ガイドやロッドによってにテンションがかかったりしない時点。それはロッドが復元を完了して真っ直ぐになった時点です。

イメージではロッドティップとホールしたラインハンドが正反対の位置になったとき。それはロッドとフライラインが平行になった時点です。

★バックキャスト時のホールとリリースのタイミング

ホールスタートのタイミング   リリースのタイミング
ホールスタート   リリース

★フォワードキャスト時のホールとリリースのタイミング

ホールスタートのタイミング   リリースのタイミング
ホールスタート   リリース
■まとめ

ホールとリリースのタイミングは座学で理解するのはちょっと難しいかもしれませんね。下の動画で確認してみましょう。