Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■Webキャスティングレッスン2

■unit4 実習2「ロングキャストの実際」

1.ロングキャストの実際
  1. A.ショートストロークのシュート
  2. B.ロングストロークのシュート

実際の釣りではフォルスキャストは出来る限り少ないほうがトラブルも少ないので有効になります。多くても3回程度でシュート出来るように練習しましょう。

フォルスキャストは多くても3回でシュートします。シュートと言うとラインにパワーを乗せようとしてバックキャストでロッドを思い切り振ってしまいがちですが、ロッドを振ってしまうとロッドが必要以上に曲がってしまいロッドティップが弧を描いてしまうので結果オープンループになって実際のシュートに運動エネルギーが生かされなくなってしまいます。バックキャスト時の急激なロッドスタートも同様です。シュートの動作はあくまでもフォルスキャストの延長です。ゆっくりスタートしてバックキャストが停止したところから少し後方にロッドティップを送り込んでやることでバックのラインを更に出してあげます。長く出されたラインの質量がシュート時(フォワードキャスト時)のロッド復元力を増加させ、最後の運動エネルギーを増やしてくれます。シュートの動作はあくまでもゆっくりスタートして前方やや上空に向けてラインを放出します。ホールのタイミングも重要です。フォルスキャスト時よりロッドが曲がりますからロッドが立つまでの時間も少し長くなりますのでフォルスキャスト時のそれよりも更に幾分タイミングを遅らせてあげましょう。

A.ショートストロークのシュート

ショートストロークのシュートでは当然ながら長いストロークがとれません。後方までロッドを送ろうと意識するとロッドは手首を中心に回転し結果オープンリストになってバックキャストでワイドなループが出来、シュートに運動エネルギーが生かされなくなります。ショートストロークからのシュートはバックキャストのスタート時にロッドティップを立てておき後方上空に突き上げるようにロッドハンドを移動します。このときロッドハンドに追従して肘を上げることで更にストロークが増しますので長いラインを後方に送ることが出来ます。

☆ショートストロークからのシュート
B.ロングストロークのシュート

ストロークが長く取れるのでそもそも長いラインが操れるのですがシュート時に更にラインを送ろうと意識するとショートストローク時と同様にロッドが後方に倒れやすくなります。これはリストが開きやすいサムオントップグリップの宿命でもあります。シュート時のバックキャスト時にリストを横に開きながら後方に送ることで(結果としてV字グリップのようになる)後方への倒れこみを防ぎましょう。

☆ロングストロークからのシュート