Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■Webキャスティングレッスン2

■unit7 実習4「おまけ」

1.ピックアップ&シュート

これはピックアップ後、フルラインシュートの例です。スネークロールピックアップをしていますが、これは普通のピックアップよりピ ックアップ時に水面に触れているラインの長さが短くなるためラインが剥がれ易くなり結果としてピックアップが容易になるからです。例えば管理釣り場でリトリーブの釣り中、ヒキヒキ・ヒキヒキ・ピックアップしてシューット!なんてどうでしょ(^^)

2.右方向転換(スイッチキャスト)

体の右側方または右後方でライズがあった時などに方向転換するのに有効です。普通にスイッチキャストです。空中でしているだけで基 本はスペイのそれと一緒です。

3.左方向転換(スイッチキャスト)

体の左側方または左後方でライズがあった時などに方向転換するのに有効です。普通にスイッチキャストです。空中でしているだけで基 本はスペイのそれと一緒です。

ロングキャストを中心にシニア講座を行ってきましたが、もう一度ロングキャストのメリットを考えてみましょう。 例えば湖や管理釣り場を考えてみてください。遠く離れた場所で魚がライズ。そんなピンポイントをドライフライで釣る様な点の釣り場 合、遠くまで投げられる事は幾分有利に違いないのですが、ロングキャストの効用は点の釣りでは無く線の釣りにあります。 例えばリトリーブの釣りを考えてください。いつもの2倍の距離を投げたとするとフライを引く距離が単純に2倍になったと考えます。 これは魚に出会うチャンスが2倍に増えたと言う事になります。いつもシュートするのにフォルスキャストを6回していたとします。今 日はフォルスキャスト2回でシュートしたとします。今日一日でいつもの3倍シュートしたことになります。これは魚に出会うチャンス が3倍に増えたと言う事になります。全くいいかげんな単純計算ではありますが(^^;少しでも魚に出会えるチャンスが広がるとすれ ば無視できませんよね。 さあ、これで今までの数倍の魚を釣りあげる事が出来るようになりました。頑張って釣りに行きましょう♪何の保証もありませんがね( 笑) (注)本講座は、あなたの釣果や技術レベルアップに対して何の保証もするものではありません。悪しからず(爆) Owner@FFこみゅ