ドロッパーシステムを覚えよう

 ドロッパーシステムとは

ドロッパーシステムというシステムは、通常のリーダーに枝針を1本~2本ぐらい結んだものでウェットフライの釣りによく使われます。ここではドロッパーシステムのリーダーの結び方を紹介します。

 ドロッパーシステムのメリット

リードフライ(リーダーの先端に結ぶフライ)とドロッパーフライ(ドロッパー用ティペットに結ぶフライ)を結んだリーダは平面的にとらえれば二つのレーンを同時に流せるメリットしかありませんが、垂直方向を考えれば同時に二つの層(水深)を探ることができるというメリットがあります。 リードフライとドロッパーに結ぶフライサイズ又はボリュームを変えたり、カラーを変えたり、片方だけウェイトを付けたりとさまざまリエーションが選択できるのもドロッパーを使った釣りの大きなメリットです。

 ドロッパーシステムのティペットについて

ドロッパー用のティペットの一番重要なことはリーダーに絡まないと言うことです、ティペットを結ぶ際はティペットの太さと長さに注意しましょう。一般的な渓流で釣ることを考えれば、太さが4X~3Xくらい、長さは10cm~15cmくらいで良いでしょう。ドロッパーとリードフライの間隔も大切です、対象魚のサイズより間隔が短いと両方のフライが掛って地ペットを切られてしまう事もありますので最低でも対象となる魚の全長より長くすることがお薦めです

 ドロッパーシステムの結び方

ドロッパーシステムの結び方には何種類かありますがここではダブルウインドノットとブラッドノットループを紹介します。

 ダブルウインドノット

    ダブルウインドノットは結び方が簡単なのと、常にティペットがリーダーの上側を向いて結ばれることからドロッパーが絡みにくいと言う利点があります。但しドロッパーを交換してエダスが短くなると本線も切る必要があるため経済的ではありませんが使いやすいので良しとしましょう。

  1. 親指と人差し指でラインを挟みます
  2. 挟んだ位置を支点にして残りの指を使って手のひらに収まる長さで折り返します。
  3. 1.2.の動作を繰り返して必要な長さにラインを調整します。

 写真を見る

ユスリカイマージャー

 動画で見る

 ダブルウインドノット改

    ダブルウィンドノットのエダス切れを防ぐための強化ノットです。最近はこの方法を使う人が多いかもしれません。

  1. 手のひらを上向きにしてフライラインを小指に引っかけます
  2. ラインを小指に引っかけたまま手のひらを下に返しながら親指の外側から内側にラインをかけます
  3. 手のひらを上に返しながら小指の外側ででラインを拾い小指の内側にかけます
  4. ラインを小指に引っかけたまま手のひらを下に返しながら親指の外側から内側にラインをかけます
  5. 以降、3.と4.を交互に繰り返します

 写真を見る

ユスリカイマージャー

 動画で見る

 ブラッドノットループ

    ブラッドノットループは本線となるリーダーの好きなところにループを作り、そのループにティペットを結ぶ方法です。本線のループとエダスはloop to Loopで結びます。とてもエダスの交換が簡単に出来るので経済的なノットです。

  1. フライラインを掴んだら小指に引っかけます
  2. ラインを小指に引っかけたまま人差指の内側から外側にラインをかけます
  3. 人差指で折り返したラインを小指で押さえ小指の外側から人差指の内側から外側にかけます
  4. 3.を必要な回数繰り返します

 写真を見る

ユスリカイマージャー

 動画で見る

 ドロッパーフライの結び方

ウェットフライが流れる場合ティペットに普通に結ばれた場合、ほとんどノーアクションで下流まで流れきってしまいます、真直ぐにリーダーが伸びきった状態を想像すると理解しやすいと思いますがフライはヘッドを上流に向けてほとんど水の抵抗を受けずに定位することになります。これはドロッパーにおいても同じことで着水したフライはすぐに水の抵抗を受けないように上流を向いてしまい、ノーアクションのフライが流れていくことになる訳です。それならば、フライの横に水流を受けるようにしたらどうでしょうか。きっとなまめかしいバイブレーションを起こしながら魚の鼻先を流れていくことでしょう。それを黙って見ている魚はいません(本当かどうかは分かりませんけど(^^;))そのための特殊な結び方があります。リッフルヒッチといいます。