Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■リーダーを作ろう 

さて皆さんのリーダーワレットのなかにはぴかぴかのリーダーが何本並んでいるのでしょうか?技術の進歩にはすばらしいものがあってノットレス(結び目が無い)リーダーなるものが世に出て久しくこの優れたリーダーの出現によって釣行前のリーダー作成の手間が省けることとなった。そればかりかリーダーでクモの巣を払ったときに結び目にクモの巣がこびりつく心配も無くなった。

それにも関わらず私のワレットのなかにはいまだノッテッドリーダー(太さの違うレベルラインを数本結んでテーパー状に作ったもの)が並んでいる。今だ昔からのノッテッドリーダーを使用しているのにはそれなりの訳があるので、その辺の話をしてみよう。まずはフライラインとフライを結ぶリーダーとティペットの役割を考えてみよう。フライラインが軽いフライを遠くに正確に飛ばすためにあること、そのためにラインの形状は先細りのテーパーがついていることはご承知のとおりでしょう。

さて、リーダーの役割はというとそのフライをねらったポイントに更に正確にターンオーバーさせるということです。あの軽いフライをきちんとターンオーバーさせるには強いテーパーが必要となります。当然、リーダーには固く伸びの少ない材質が必要となってきます。ところがこの固いリーダーでは魚がフッキングしたときのショックによる合わせ切れを引き起こします。そのためにしなやかで伸びのあるティペットが必要となるのです。このしなやかでやわらかなナイロンは急な合わせや大物のアタックによる急激なショックを防いでくれる魔法の糸です。機会があればこのティペットに関するテーマにもいずれふれてみたいと思うますが、今回はリーダーの話です。

話を元に戻しましょう。ただし、強いテーパー(ヘビーテーパーまたはファーストテーパーという)を持ったリーダーは水流によるドラッグがかかりやすかったり必要以上に強すぎるターンを起こしたりすることがあります。強すぎるターンは図らずも強く水面をたたいたりして繊細な釣りの邪魔になることも多いのです。小さな、ミッジやニンフを扱うとき、ターンオーバーの能力を犠牲にしてもそっとポイントにフライを落とす技術が必要になってきます。そのためには逆にテーパーの緩い(スローテーパーという)リーダーが必要になってくるのです。そのために使用するフライや、釣り方や使っているロッドなどにより適応するテーパーが微妙に変わってくるのです。 だから私は、面倒でもリーダーを自作するのです。

更にはノッテッドリーダーは、ティペットの付け替えでリーダーの先端が短くなってもその上の段の部分を取り替えることでまたそのリーダーが使用できます。テーパーの先端を切ってしまったら使えなくなってしまうノットレスリーダーと比べればなんと経済的なことか。多分、私の場合先の理屈っぽい理由よりこちらの理由の方が正しいかもしれません(笑)ただし、反面弱点もあります。まず、繋ぎめだらけなので1本のテーパーリーダーに比べ強度に劣ること、先にも述べたがクモの巣がつくと厄介なこと。まあ、これらの弱点をおいても先の経済性、キャスティングの正確性を考えればノッテッドリーダーに優るものはないと思っています。そして、これが重要なのだが、川で知らないフライマンにあったときにさりげなく見せびらかすのにもってこいである。(爆)

下の図は、私が使用しているリーダーのパターンです。参考にしていただいて自分なりのパターンを作成してみてください。楽しいこと請け合いです。当然、使っているロッドのアクションなどによっても適切なテーパーは変わってくるはずですから。