Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■ハンドリングを覚えよう

キャストしたラインを左手でたぐりよせたり保持する方法を総称してハンドリングと呼びます。ハンドリングにはいくつかの方法があり、適当な大きさの輪にして保持する方法をループハンドリングと呼び、左手の中に保持する方法をハンドツイストと呼びます。ここでは、後述したハンドツイストについて解説します。ハンドツイストにもいくつかの方法がありますので紹介します。

それぞれの写真をクリックすると動画で確認することが出来ます。

ハンドリングの種類

■パーミング


左手の中にラインを丸めて保持する方法です。この方法はたぐりやすいのですがラインを送り出す時に好きなところで止めるという調整がしにくいのとループの大きさがほぼ同一になるため絡みやすいという短所があります。


【動画で確認】   【写真で解説】

■フィギュアエイト(親指と小指)

親指と小指にラインを8の字にかけていく方法です。ラインの調整は出来るのですが親指が事由にならないため細かい微調整がしにくいというデメリットがあります

【動画で確認】   【写真で解説】

■フィギュアエイト(人差し指と小指)

人差し指と小指にラインを8の字にかけていく方法です。親指が自由になるため親指と人差し指でラインをつかんで処理できるためラインの出し入れが自由に出来ます。Ownerが使っているのもこのシステムです。是非覚えましょう。

【動画で確認】   【写真で解説】

■フィギュアエイトの使い方

フィギュアエイトはリトリーブだけに使うものではありません。フォルスキャストの最中にラインをたぐったりリリースしたりすることでラインの長さを自由に調節したりできます。それぞれの方法を動画で見てみましょう

フィギュアエイトによるリトリーブ

フィギュアエイトによるリトリーブはドライフライには向きますが、ニンフやストリーマなど動きの大きなリトリーブには向きません。止水のドライフライの場合はスラックを採る程度ですのでゆっくり行います。渓流などの流れのある場所ではかなり早めの動作が必要です。

【動画で確認】

フォルスキャスト時のフィギュアエイト(ラインをたぐる)

フォルスキャストをしながらフィギュアエイトを行うことでラインの長さを調節することが出来ます。長く出たラインを巻き取るにはロッドの動きにあわせて左手でフィギュアエイトによりラインを巻き取ります。渓流などでのポイント移動時などにとくに有効です

【動画で確認】

フォルスキャスト時のフィギュアエイト(ラインを伸ばす)

フォルスキャストでラインを伸ばす場合はリールから必要な長さのラインをあらかじめ出しておく必要があります。きちんとハンドリングできないとラインを踏んだり障害物に絡まったりとトラブルが発生します。リールから出したラインはフィギュアエイトで左手に巻きとめておけば必要な長さだけリリースすればよいのでトラブルが少なくて棲みます。上記の方法とあわせて渓流の叩き上がりに重宝します。

【動画で確認】

ラインリトリーブとハンドリング

シュートとしたラインはたぐってこないと流れによってたるみが出来るため流れのスピードにあわせてハンドリングによる処理が必ず必要になります。ハンドリングの簡単なやり方はたぐった分だけ水面に垂らしていく方法がありますが垂らしたラインが障害物に絡むなどトラブルの原因になりますのでフィギュアエイトなどのテクニックを覚えることをオススメします。

ストリーマーの釣りなどではラインを引いてフライに動きをつけるのが一般的でそのラインを引く動作をリトリーブといいます。リトリーブしてたぐったラインは左手の指の間に大きなループを作って挟んだりループを口にくわえたりする方法があります。特に湖水など止水の釣りではラインバスケットを用いる方法がトラブルも少なく便利です。