Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

■Information

決して釣りが上手なわけではないけれど、永い事この釣りをしているので、ビギナーの皆さんになにか伝えられることがあればと思いながらいろいろ書き溜めております。

■パーミング

左手の中にラインを丸めて保持する方法です。この方法はたぐりやすいのですがラインを送り出す時に好きなところで止めるという調整がしにくいという短所があります。

■解説

●右手人差し指でラインを押さえ、左手の親指と人差し指でラインをつかみます。

●親指と人差し指で摘んだまま折り返し小指で押さえ親指側に折り返します。

●親指と人差し指で摘んだら小指をはずしラインをまた小指のほうに折り返します。

●小指で押さえ、また親指側に折り返します。

●親指と人差し指で摘んだら小指をはずしラインをまた小指のほうに折り返します。これを必要なだけ繰り返します。

ラインリトリーブとハンドリング

シュートとしたラインはたぐってこないと流れによってたるみが出来るため流れのスピードにあわせてハンドリングによる処理が必ず必要になります。ハンドリングの簡単なやり方はたぐった分だけ水面に垂らしていく方法がありますが垂らしたラインが障害物に絡むなどトラブルの原因になりますのでハンドツイストなどのテクニックを覚えることをオススメします。

ストリーマーの釣りなどではラインを引いてフライに動きをつけるのが一般的でそのラインを引く動作をリトリーブといいます。リトリーブしてたぐったラインは左手の指の間に大きなループを作って挟んだりループを口にくわえたりする方法があります。特に湖水など止水の釣りではラインバスケットを用いる方法がトラブルも少なく便利です。