Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

テールを取り付ける

タイイング

テールは、ソラックスパターンと同様に親指の爪を使ってファイバーを起こし後ろ側にスレッドを巻きファイバーを広げます。

エアロドライウイングをつける

エアロドライウィングはフックのシャンクの下側から二つ折りにしてはさみ、前後をスレッドで止めます。(シャンクの上が太くならないのでプロポーションの良いパラシュートフライができます)

タイイング

タイイング

まずハックルストークと一緒にウイングの根巻きをします。このとき、ファイバーをカットしたストークを根巻き部分の長さより長く取り付けます。根巻きをするにはシャンクをさかさまにし、ボビンホルダーを半時計方向に回転させスレッドを撚ります。するとウイングに根巻きするときにフックシャンク側にスレッドがあがり、ウイングから外れるのを防ぐことができます。寝巻きが終わったらフックを正常に戻します。

パラシュート

タイイング

ハックルを巻きとめる

ボディーが巻き終わったらウイングにハックルを巻きつけます。まずストークの余った部分をウイングに巻きつけます。このストークの下側からハックルを巻き始めるようにします。そうするとウイングからハックルがずり上がるのを防ぐことができます。

タイイング

ハックルが巻き終わったらハックルを止めます。ハックルはウイングの根元に巻きとめるときれいに仕上がります。まずスレッドをハックルを巻き込まないように3回ほどウイングの付け根に巻きます。止めるには親指と人差し指にスレッドをかけ2本の指でハックルの上から下に輪をくぐらせ2,3回ハーフヒッチして完成です。

この指を使ったハーフヒッチは普通のタイイングにも使えるし、ストリーマーなど大型のフライを巻きとめるのにも道具が要らないので大変便利です。

タイイング

タイイング

Ownerのうんちく

●このパラシュートにはタイイングのポイントがたくさんあります。

1.ウイングの取り付け方

2.ウイングの根巻きのしかた

3.ハックルの止め方

4.指を使ったハーフヒッチ

ほかのフライを巻くときにも役に立つので覚えておきましょう。

topに戻る