Tips & Contrivances

魚と戯れるための様々なテクニックと小技がある

パラダン
コンパラダンの小技
ウイングの取り付け
Ownerのうんちく
ウイングの取り付け

テールの取り付けはソラックスパターンのレシピを参考に取り付けましょう。テールを取り付けが完了したら早速ウイングの取り付けにかかりましょう。

タイイング

ナチュラルかグレーのCDCとホワイトのCDCを用意します。まずナチュラルのCDCからファイバーを15本〜20本くらいむしりとります。そしてボディの上におきスレッドで2〜3回巻きとめます。同様にホワイトのCDCファイバーを15本くらいむしり取り、今巻きとめたナチュラルのファイバーに重ねてスレッドで止めます。

次に、テール側からボディをダビングします。ダビングはスタンダードパターンのレシピを参考にしましょう。ウイングを立てるように後ろから巻き押えた後スレッドをウイング前方に回しダビング材でウイングをはさむようにダビングします。ボディが完了したらフックシャンクと同じぐらいの長さにCDCの先端をカットします。

最後にCDCウイングを左右に扇形に開いて出来上がり。

Ownerのうんちく

●ご存知コンパラダンはディアヘアーのウイングを扇形に取り付けるのが原型ですが、このパターンはCDCを使って扇形のウイングにした漆原孝治さんのパターンをアレンジしたものです。

●CDCのウイングは柔らかくそのウイングが水面膜をそっと押えるようにして水面に張り付きます

●ナチュラルCDCの上にホワイトのCDCを乗せるてウイングを整形するとウイング中央部にホワイトのCDCが寄り、インジケータとしての役目を果たします。