マエグロヒメフタオカゲロウ

深いポイントの流れ込み近くの大石周りで起こるマエグロヒメフタオカゲロウのハッチに、乱舞する大型ヤマメ。Ownerの大好きだった室原川の早春の一時の幸福、ここにこんなにヤマメが居たのかと、にわかには信じられないスプラッシュライズが起こります。マエグロヒメフタオカゲロウは陸上羽化なので前述のように流れ込み近くに大石が顔を出しているような場所が絶好のポイントになります。

ウイングのパターンを変えてみたけど、CDC4枚使うのは勿体ないね、他のパターンなら二本巻けるもの

マエグロヒメフタオカゲロウ
マエグロヒメフタオカゲロウ
マエグロヒメフタオカゲロウ
マエグロヒメフタオカゲロウ
マエグロヒメフタオカゲロウ
マエグロヒメフタオカゲロウ

 タイイングの解説

     使用マテリアル

  • Hook: TMC103BL #11
  • Thread: 8/0(ブラウン) 
  • Tail: コックハックルファイバー(ジンジャー)
  • Abdomen: ダビング材
  • Thorax: ダビング材
  • Wing: CDCフェザー(タン)4枚
  • Hackle: コックハックルフェザー(ジンジャー)

     タイイング手順

  1. ジンジャーのコックネックファイバーを数本取ってテールにする
  2. ダビング材をダビングしてアブダメンを作る
  3. CDCは2枚ずつ重ねたものを表側同士を合わせ、フェザーがアイ側になるように取り付ける
  4. ウイングの前方と後方を挟み込むようにスレッドを巻いて固定する
  5. アイの分を空けてレッグになるブルーダンのコックネックファイバーを裏側を上にして留める
  6. ウイングの前方と後方にダビング材をダビングしてソラックスを作る
  7. ソラックスの上をパーマーにハックリングしソラックスの後部で留め、ハックルの中を通しててスレッドを前方に移動して一度ハーフヒッチする
  8. ヘッドを作ったら後ろ側のCDCのストークを短くカットしCDCをウイングの形に整形したらハックルの下側をV字にカットして完成