オオクママダラカゲロウ

オオクママダラカゲロウも早春に欠かせない大型のメイフライです。お昼ごろになると、流心脇からポツンと音が聞こえるような感じでダンが水面に現れます、もちろん水面羽化なのでイマージャーが水面にぶら下がっている時間も長いのでフローティングニンフも効果的。羽化はポツリ、ポツリと散漫なハッチが多いので目を凝らしてライズを見つけるの事が全てです。

これも正中線のあるパターン、背中のホームを割って中からCDCのインジケーターが出るようにタイイング、何となくダンが背中を割って出て来る途中のような。(笑)

オオクママダラカゲロウ
オオクママダラカゲロウ
オオクママダラカゲロウ
オオクママダラカゲロウ
オオクママダラカゲロウ

 タイイングの解説

     使用マテリアル

  • Hook: TMC212TR #11
  • Thread: 8/0(ブラック) 
  • Tail: パートリッジ
  • Abdomen: ダビング材(ブラック)
  • Rib: オーバルティンセル
  • Thorax: ダビング材(ブラウン)
  • Wing: CDC(タン)
  • WingCase: フォーム(ブラック)

     タイイング手順

  1. テールにパートリッジのネックフェザーのファイバーを数本取り付ける
  2. 白のモノコードを取り付けアブダメンをダビングしモノコードで正中線を作る
  3. ソラックス部にフォームを取り付ける
  4. スレッドを割ってCDCファイバーを挟みループダビングでソラックスとレッグを作る
  5. フォーム材は縦に切り込みを入れCDCを挟むようにしてヘッドで留めて完成