フタバコカゲロウ

シロハラコカゲロウ同様早春のメイフライとして欠かせないフタバコカゲロウですが、水面羽化のシロハラコカゲロウが水面を流下しながらダンになるのに対し、水中羽化のフタバコカゲロウはイマージャーの状態で水中で羽化し翅の伸び切らないダンがポツンと水面に現れます。大好きな室原川のプールの流れ込みの流心回りで、突然小さな黄色の虫があちこちにポツン、ポツンと花開くように浮かび出します。捕食スイッチの入ったヤマメたちが翅の伸び切らない無防備のメイフライに狂ったように飛びつく数分間がフライフィッシャーの至福の時になるのです。

ウイングをCDCのスペントにしてみました。イメージはフタバコカゲロウですが、それに限らずコカゲロウのパターンとして使っています。

フタバコカゲロウ
フタバコカゲロウ
フタバコカゲロウ
フタバコカゲロウ
フタバコカゲロウ

 タイイングの解説

     使用マテリアル

  • Hook: TMC103BL #17
  • Thread: 14/0(オレンジ) 
  • Tail: ファイベッツ
  • Abdomen: スレッド(オレンジ)
  • Thorax: スレッド(オレンジ)
  • Wing: CDC(ブルーグレイ)

     タイイング手順

  1. スレッドでテールの取り付け位置にストッパーとなるコブを作る
  2. ファイベッツを二本ストッパーを挟んで左右にデバイドして取り付けテールを作ります
  3. オレンジのダビング材でアブダメン作り、CDCを四枚裏側が上を向くように揃えてウイング位置に取り付けます
  4. CDCの前後をスレッドで巻き、ウイングを立ち上げます
  5. CDCのストークを二本ずつ左右にデバイドし同様にフェザーのティップ側もデバイドする
  6. デバイドしたCDCにスレッドをたすき掛けしてスペントのウイングにする
  7. 左右のウイングを合せて引っ張りながらカーブドシザースでカットしたら左右に開き直してウイングを整形する
FFこみゅへのご意見・お問合せはこちら