アカマダラカゲロウ

なるほどピッタリの名前だと思うほど赤く見えるのは雄のアカマダラカゲロウ、大きな赤い真ん丸の複眼で直ぐに判別できます。それに対して雌は割と地味でシロハラの雌によく似た感じです。アカマダラカゲロウは、シロハラコカゲロウ同様シーズン通して見られるので割と重要です。ブラウン系のフライを用意しておけば事足りるでしょう、Ownerはダビング材でタイイングする時はフライライトのラストを使っています。レンガ色のカラーはアカマダラカゲロウの体色にピッタリです。

これは、ダイドオレンジのストリップドピーコックをアブダメンにソラックス部分はレッグのイメージも合わせてCDCファイバーをループダビングしてみました。

アカマダラカゲロウ
アカマダラカゲロウ
アカマダラカゲロウ
アカマダラカゲロウ
アカマダラカゲロウ

 タイイングの解説

     使用マテリアル

  • Hook: TMC103BL #15
  • Thread: 8/0(赤) 
  • Tail: コックハックル(ジンジャー)
  • Abdomen-under: FLY-RITE(#5 Rust)
  • Rib: ピーコックアイ(オレンジ)
  • Thorax: FLY-RITE(#5 Rust)
  • Wing: CDC(ブルーグレイ)
  • Hackle: CDC(タン)

     タイイング手順

  1. ジンジャーのコックネックハックルのファイバーを数本とってテイルにする
  2. ダイドピーコックのオレンジを取り付ける
  3. FLY-RITEの#5Rustをダビングしてボディを作る
  4. FLY-RITEの上にピーコックでリブを作る
  5. ブルーグレイのCDCを二枚、表どうしを合わせてウイング位置の取り付け成型する
  6. スレッドをウイングの後方に移動させスレッドを二つに割ってタン色のCDCファイバーを挟んでウイングの前後をダビングして完成