エルモンヒラタカゲロウ

一般的にヒラタカゲロウと言えばこのエルモンヒラタカゲロウを指すほどメジャーなカゲロウで、大きくて飛び方も大仰なのですぐに見分けられます。雄と雌の違いもはっきりしていてタイイングも楽しい大好きなフライです。なんたってPinkLadyと言うくらいでダンの雄はピンク色です、雌は抱卵したエメラルドグリーン色が美綺麗なカゲロウです。シーズン中ずっと見られるのですが、やはり春のハッチマッチの釣りが最高です。フタバカゲロウ同様、水中羽化なので、羽化したダンが突然水面にポツっと現れます。流れのあちこちで起こるハッチを追いかけるライズにプレゼンテーションが振り回されると言う至高の釣りが楽しめます。

エクステンドボディのエルモンヒラタカゲロウです。心材にダビング材を巻き付けラバーコートして芯を抜いた中空ボディです、ソラックス部はCDCのファイバーのループダビングです。フックもちょっとだけ細工してみました。

エルモンヒラタカゲロウ
エルモンヒラタカゲロウ
エルモンヒラタカゲロウ
エルモンヒラタカゲロウ
エルモンヒラタカゲロウ

 タイイングの解説

     使用マテリアル

  • Hook: TMC103BL #11
  • Thread: 8/0(タン) 
  • Tail: ファイベッツ
  • Abdomen: ダビング材(Pink)(PMDYellowOlive)
  • Thorax: ダビング材(ブラック)
  • Wing: CDC(オリーブイエロー)(ダークグレー)
  • Hackle: コCDC(タン)

     タイイング手順

  1. アブダメンになるエクステンドボディ(コーンボディを作る)
    1. 爪楊枝を用意する
    2. 爪楊枝にファイベッツを二本仮止めする
    3. 爪楊枝にダビング材を薄く巻きつけてコーンボディを作る(テール側にPINK、ソラックス側にYellowOLive)
    4. 上からコーンボディリキッドをコーティングし乾くまで待って完成
  2. フックをバイスに挟み少しづつ曲げてドルフィンフックのように整形する
  3. コーンボディの取り付け位置を斜めカットする(取り付け時にエクステンドボディに角度を付けるため)
  4. フックに下巻きをして作っていたコーンボディをシャンクに取り付ける
  5. CDCのオリーブイエローとダークグレーを一対としてCDCの表側を合わせてウイングとする
  6. スレッドを割ってCDCのファイバー(タン)を挟みウイングの前後をダビングする
  7. ウイングを整形して完成
FFこみゅへのご意見・お問合せはこちら