■フライフィッシング用語集

フライフィッシングで使われる用語を集めました。それにしてもいろいろあるもんだね(^^;

アキュラシー

正確度。フライキャスティング競技のうち正確度を競うもの。

アイ

目、針のチモトの環。ティペットを縛るための環

アキュラシー

正確度。フライキャスティング競技のうち正確度を競うもの。

アクアチック・インセクト

水生昆虫のこと。

アクション

動作。調子。ロッドの曲がり具合。フライの動き。

アダルト

成魚。成虫。

アップアイ

アイが上向きについている針

アップストリーム

上流。上流に向かってフライを投げること。(アップストリームキャスト)

アトラクターフライ

魚の注目度が高いフライ

アトランティックサーモン

大西洋産のサケ

アフトマ(AFTMA)

American Fishing Tackle Manufacturers Association(全米釣具製造組合)のこと。フライラインや、ロッドの番手、リールのサイズなどの規格。

アマゴ

硬骨魚綱 サケ目サケ亜科サケ属に属する魚。日本の南・西日本に分布するサツキマスの陸封型。

アメノウオ

アマゴの地方名

アメマス

(学名:Salvelinus leucomaenis leucomaenis)はサケ科サケ亜科イワナ属の魚。日本では日本海側(山形県以北)太平洋側(千葉県以北)に分布すし海へ降りる降海型(アメマス)と一生海には降りない陸封型(エゾイワナ)が存在する。

アンテナ

昆虫の触覚。

アント

アリ。

イブニングライズ

夕刻に流下する虫に向かって魚が飛びつき活発にライズすること。

イマージャー

羽化直前に水中を泳ぎまわる水生昆虫の幼虫。

イミテーション

本物そっくりの偽者。

イミテーションフライ

特に本物によく似せて作ったフライ。

イレジスティブル

フライパターンのひとつで、ディア・ヘアーをクリップしたボディのドライ・フライ。浮力が高い。

インセクト

昆虫。

インセクトネット

昆虫採集用のネット。

インセクト・フィーダー

昆虫食性の魚

インセクトボトル

観察のため水生昆虫を入れるビン。

インプリネイテッド(インプリネーション)

バンブーロッドの製法のひとつで素材の竹にフェノール樹脂などをしみこませたもの。

インレット

川の流れ込み

ウィップフィニッシャー

フライタイイングで最後に巻き糸を巻き止める道具。

ウイングケース

水生昆虫の未発達な羽が収まっている部分。

ウインドノット

フライキャスティングの途中で、リーダーに出来る結びコブのこと。ループの返るタイミングの狂いによって発生しやすく風の強い日に多く起こることからこう呼ぶ。

ウェイディング

水中に立ちこむこと

ウェイディングシューズ

ソックスタイプのウェーダーの上に履くシューズ。底がフェルトになっているものが多い。

ウェイディングスタッフ

水中に立ち込んだり、川の急流を渡る時に体を支える杖。

ウェイダー

水中に立ちこむときにが濡れないように履く胴長。

ウェイトフォワード

フライラインの種類のひとつで。正規の重さのテーパー部分が一部しかなく残りはランニングラインと呼ばれるレベルテーパーラインになっているラインのこと。先端部分に重さが集中することから遠投に向いている。

ウェスタンフライ

アメリカ西部で多用されるフライでヘアー(獣毛)を各部に用いて浮力を強めたフライのこと。

ウェットフライ

水面下を流して釣るように作られたフライ。

ウルフパターン

アメリカのリー・ウルフが考案したドライフライのパターンでウイングにカーフテイルが使われている。

エアリアルロールキャスト

空中にフライラインを持ち上げるロールキャストの方法。前方の水面に伸びているフライラインを再び投げなおすときのラインピックアップに使う。

エクステンションハンドル

フライロッドの追加グリップ。グリップエンドに取り付ける場合が多い。

エッグフライ

卵のフライ。マスやサケの卵をイミテートしたフライ。イクラフライということもある。

オーバーストック

飽和状態。限られた範囲に多くの魚が過剰気味に生息している状態。または放流された状態。

オーバーヘッドキャスト

フライキャスティングでフライラインが頭上を通るようにロッドを立てて行うキャスティング。

オーバルナイロン

断面が楕円形になっているモノフィラライン。シューティングラインのランニングラインとして多用される。