■フライフィッシング用語集

フライフィッシングで使われる用語を集めました。それにしてもいろいろあるもんだね(^^;

カディス

トビケラの英名。セッジとも呼ばれる。

カディスピューパ

トビケラの蛹の状態。

カディスラーバ

カディスの幼虫。ケースに入っているものも多い。

カーフテイル

フライのマテリアル。子牛の尾。ウイング材に使用される。

カーボングラファイトロッド

炭素繊維で作られたロッドで、単にグラファイトロッドと呼ばれる。

キャスト

フライを投げる行為。

キャッチアンドリリース

釣れた魚を再放流すること。

キールフック

針先が水面向・きに沈む針の形状のこと。

キールフライ

キールフックに巻いたフライ。

キャパシティ

容量。リールの糸巻き量を言うのに使われる。

クリップドヘアー

ディアヘアー(鹿の毛)などを糸で閉めてフレアーさせはさみで刈り込んだフライ。

クロスストリーム

川の流れに交差させること。

クロスストリームキャスト

川の流れに交差させてキャスティングすること。

グリップ

ロッドの握り。握り方。

ゲイプ

フックのシャンク(柄)と針先との間隔で。ギャップとも呼ばれる。

コックハックル

雄鶏のみの毛のこと。張りがあってドライフライのハックルに多用される。

コーホーサーモン

銀サケのこと。