■フライフィッシング用語集

フライフィッシングで使われる用語を集めました。それにしてもいろいろあるもんだね(^^;

サイドキャスト

体の横でロッドを倒して振る方法。

サムオントップ

フライロッドの握り方のひとつで親指をグリップの真上に伸ばして握る方法。

サーフェス

水面のこと。川や湖の表層。

サルモニダエ

サケ・マスの魚類を呼ぶ。

シェニール
 

フライに巻くモール。ボディ材として使われる。

シガーグリップ

先細りにテーパーがついたロッドのグリップの形。葉巻の形に似ていることからこう呼ばれる。

シザース

タイイングに使われるハサミのこと。

シャロー

川や湖などの浅い部分。

シャンク

フックの軸の部分。

シュート

キャスティングの方法のひとつで、プレゼンテーション時にラインを放しフォルス・キャストの長さよりも遠くに飛ばす方法。

シューティングバスケット

湖に立ちこんだりしたさいにラインを手繰りこんでいれるものをいう腰にまいて使う。

シューティングヘッド

シューティングしやすいように短く(10ヤードくらい)カットされたライン。シューティングテーパーとも呼ばれラインの後方にレベルラインやモノフィララインをつないで使用する。

ショートストローク

ロングストロークの反語。ロッドをなるべく小さく動かして投げる方法。

ジョー

アゴのこと。バイスのフックを挟む部分をいう。

シンキングライン

水に沈むフライライン。沈む速度によって種類がある。

シンクティップライン

先端のみ沈むように作られたライン。

シングルテーパー

ラインの片方にしかテーパーのないライン。

シングルホール

バックキャストの時だけ左手に持ったラインを引いてキャスティングする方法。

ストリーマー

フライの一種。小魚のイミテーションを総称してこう呼ぶ。

スティープルキャスト

バックキャストを極端に高く上げる投げ方。タワー・キャストとも呼び後方に土手や高い草などがあるときに使用する。

ストリッピングガイド

ロッドのもっともグリップよりにあるラインをとおすガイド。

スネークガイド

ラインを通すスチール製のガイド。蛇のようにうねった形をしていることからこう呼ばれる。

スラック

ラインに出来るたるみ。キャスティングのときロッドティップの不要な振動により起こる波打ったたるみのことをこう呼ぶ。

スラックキャスト

水流などによるラインドラッグを防ぐためわざとたるみを出すように投げる方法。

スカルピン

カジカ、ヨシノボリなど。そのフライパターンを呼ぶ。

スクイレル

野リス。その尻尾をスクイレルテイルといいストリーマーのボディ材などに使われる。

スクーリング

小魚が群れる様子。

スタッカー

ディアヘアーやカーフテイルなどの獣毛の先端をそろえるための道具。

スチールヘッド

虹鱒の降海型。

ストマックポンプ

魚の内臓から捕食された食物を吸い出すための道具。

ストライク

魚を針にかける。針にかかった状態。

ストリンガー

釣った魚をぶら下げるクサリやロープ。

ストレートアイ

フライフックのティペットを通すアイの部分がシャンクとまっすぐになっているフックを言う。

ストローク

キャスティング時にロッドを前後に振る動作を言う。

スプリットバンブー

バンブーロッド(竹製の竿)は竹を三角形に裂き張り合わせて作ることからスプリット(裂かれた)バンブーと呼ばれる。

スプリットケーン

スプリット・バンブーと同義。

スプール

フライリールにフライラインを巻く軸またはフライラインを巻くパーツ。

スピナー

カゲロウの成虫。

スピナーフォール

カゲロウの成虫が群れになって産卵する行動。大量のカゲロウが滝のように群れて産卵行動を行うことから降呼ばれる。

スメルト

ワカサギなどキュウリウオ科の小魚。

スレッド

フライを巻くための糸。タイイングスレッドと言う。

スローテーパー

ロッドやリーダーのテーパーの中でテーパーのゆるいものを呼ぶ。

セッジ

トビケラの成虫。カディスと同義語。

ソラックス

フライの胸の部分。