3月1日(日)那珂川釣行 栃木県

木俣川 釣り
例年より雪が降らなかったので水量がね
この記事は約3分で読めます。

2020年 渓流釣り解禁は今年も那珂川へ

あれよあれよと思うまに3月1日がやって来た。

例年の事だが今年も弟と那珂川の上流へと向かった。数年前までは余笹川で解禁と言うのがお決まりだったのだが最近はすっかり木俣川が取って代わっている。しかもここ2年ほどは解禁から「ボ」と言う憂き目に遭っているのだが、それも然程気にならなくなって来ている。

3月1日は解禁の雰囲気が味わえれば良い位の気持ちでこの川に行く。福島解禁の一か月前というマイルストーンがとして栃木の解禁があるのだ。木俣川の温泉脇の流れが今日の目的地である、解禁初日は当然釣り人も多いので、解禁の賑わいを眺めながら、眠くなったら川の傍でコーヒーを飲んであわよくばヤマメの顔を見るくらいの一日を過ごすのである。ここには川の脇にベンチが有るのでまったりするのにおあつらえ向きなのである。

去年から今年にかけては異常なほどの暖冬で、例年ならわずかに残る雪も山にさえ見えない。予想通り川の水量も申し訳程度しかないので魚も少ない溜まりのポイントに集中して溜まっているのだろう、放流場所の橋の下のわずかに深みのあるプールに釣り人たちが肩を寄せ合って竿を並べている。

今年の解禁は日曜日に当たったのでかなりの人出を想像していたがそれほどでもなかった、釣り人が減ったのか魚が減ったのか、まあどちらにしても僕らの体制に影響はない、昼ぐらいには釣りに飽きた餌釣り師たちが川を上がり幾分の静けさを取り戻すだろう。そして、少しばかり平静を取り戻した魚と虫たちが日常に戻ろうとする。僕らはいつもその頃を見計らって午後の2~3時間の釣りを楽しむのである。

まだ時間も早いし、この場所にはもう少し後から入る事にして、一先ず少し上流の、おそらくは釣り人があまり入っていないだろう場所を釣ることにして林道に入った。

先行したルアーマンたちの後を行く

「こんな狭い道で対向車とか来たら面倒くさいよな」なんて弟が言うもんだから案の定カーブから大きな四輪駆動車が顔を出した。若い三人組のお兄さんたちだったが大きな四輪駆動車で林道を走るにはもう少し練習してからの方が良いな、崖側の少しだけ広いすれ違いスペースにソロソロと頭を突っ込んだお兄さん、あと50cmも前に出てくれればすれ違えるのだが、合図をしても微動だにしない。進めないなら車一台分戻れば広い空き地があるのにな。仕方がないので土手に左側のタイヤを乗り上げて斜めになってすれ違った。手前で停まればすれ違えるのにギリギリ頭を突っ込んできて動かなくなる人がたまにいるけれどカーブはスピードを落としていろんな状況を想定して走りましょうよ。

入渓できそうな場所には既に車が2台停まっている、まあ解禁初日だからしかたない、その後を追ってのんびり行こう。隣のスペースに車を停めて釣りの支度をしていると○○ナンバーの2人乗りの車が通りすぎ10メートルほど先に停まった、車を降りるとこちらをチラ見しながら藪越しに下方の流れを覗いている、車に戻ったので移動するのかと思ったらルアーロッドを取り出し、準備中の僕らの脇をバツの悪そうな顔を見せながら川に降りて行く。

ルアー釣りって機動力があっていいよなあ・・・なんて話じゃない、後から来て挨拶も無く先に入って行くってどんな神経してるんだろうね。だから、ル○○マンはとか、○○ナンバーはとかマナーの悪い代表みたいに言われちゃうじゃないのよ。

ちょっとばかりイラッとしたものの解禁早々不愉快になってもしょうがないさっさと支度を終えて川に入ろう。ガイドにラインを通しティペットにフライを結ぼうとした時に僕の明晰な頭脳がある事に気づいた。

タイトルとURLをコピーしました