4月4日(土) 羽黒川(山形県)から闇川(福島県)

羽黒川 釣り
解禁前に降った雪が一気に融けだした
この記事は約4分で読めます。

福島県の解禁なのに、何故、山形なんぞに出かけたのだ・・・

前日に弟からLINEが来た、「明日どうすんの」、「え、明日?」ああ、解禁か。すっかりコロナ渦に巻き込まれて、待ちに待っていた解禁の事まで忘れていた。

思わず「羽黒川+姥湯」と返信したら「姥湯はまだ冬眠中」と返事が来た。そうか温泉はだめか・・。

それよりも何故「羽黒川」の名が出たのだろうか、例年、解禁は浜通りと決まっているのに、地元の福島県が解禁なのに何故山形県だったのだろうか・・。謎である。この釣行記を書いている今もって謎である。

去年から続いた暖冬で今年は積雪が少ないと言う思い込みが、どこの川も今年は早くから釣りになるだろうと言う思い込みになって僕の脳みそに刷り込まれていたらしく、どうやらそれが、「山形の川ももう普通に釣れる」と言う判断になったのだろう。確かに暖冬で積雪は例年と比べてはるかに少ないけれど、今年になって何度か大雪が降った事はすっかり記憶に残っていなかった。

まだ4月に入ったばかり、例年と比べれば絶対的に積雪量は少ないけれど山には確かに雪がある、そこに1日、2日と雨が降り、驚くことに今日の最高気温は21.2℃と平年を10℃以上も上回る天気、これで雪代が出なかったらそれこそおかしな話である。

湯の沢温泉前の橋から川を覗いてみるとやはりかなりの水量で見事に雪代が入っている。しかも、早春にコカゲロウのトラップにライズするヤマメが見られた「の宿 すみれ」脇のポイントは去年10月の台風19号で跡形も無く消え去り、ただ真っすぐになった流れだけが厚みを増して下流へと流れている。

※ 米沢牛と温泉で人気のあった「時の宿 すみれ」は閉館され、無機質な空き宿には侘しさだけが漂っていた。

「どうする?」と言う弟に「ここまで来たらに行くしかねえべ」と、水量と雪代に戸惑いながら車を上流へと走らせた。入渓予定の橋の上から川を覗くとやはり雪代が入っていて入渓できそうな状況ではない、この川での釣りを半ばあきらめたものもう少し上流も見てみようと林道を進むと、はるか先に何やら傾いて停車している車が見えた。

何があったのか分からないが、ここから先へは歩くしかない

何があったのかは分からないが、こちらに向かって走行中に道路の右側に脱輪したようだ、一つ間違えたら横転しながら谷底へ転げ落ちるところだ、くわばらくわばら。

ここから徒歩で数分、いつも脱渓する場所まで行ってみた、雪代で濁った水は下流を凌ぐほどの力とスピードで流れ下り、完全に僕らの息の根を止めたのだった。

時計の針は既に11時を指していた「そろそろ龍華りゅうげでお昼だな」とつぶやくと、「今日はもやしラーメンに決めてるんだ」と弟が言う。なんの約束も無いのだが暗黙の裡に今日のお昼は龍華りゅうげのラーメンと決まっていたらしい。

「お食事処 龍華」は米沢市の小野川温泉街にある定食やで、この近辺の川に釣りに来た時には必ずと言って良いほど立ち寄る店だ。僕はいつもの米沢ラーメンを弟は今日の予定通り豆もやしラーメンを注文した。話は釣りから遠ざかるが、僕は大のラーメン好きで出かけた先では良くご当地のラーメンをいただくのだが、最近は米沢ラーメンが一番のお気に入りである。細い手揉みのちじれ麺はスープのなじみが良く大量に口に入れてもその細さゆえの細やかな食感を生む、スープは鶏ガラと煮干しがベースのあっさり味で麺の細さと相まってさらっといただけるのである。

数ある米沢ラーメン店の中でも僕的には上位に位置するラーメン屋が「お食事処 龍華りゅうげ」である。ずーっと”りゅうか”と呼んでいたが正しくは”りゅうげ”と呼ぶ。

細いちぢれ麺にからむさっぱり味の醤油味が米沢ラーメンの特徴、僕は結構好みの味

ついでにもう一つ、弟が注文した豆もやしラーメンは白い茎の長い豆もやしが麺の上にのっている。実はこの豆もやしは、ここ小野川温泉の名物で明治の初期から造られている。「もやし豆」という在来種の大豆を他の大豆と混じらないように生産者が地元で栽培して来た貴重な大豆と小野川の温泉を使って作っている。因みに龍華りゅうげの駐車場脇に「豆もやし」を栽培する室掘小屋むろほりこやが有るので興味のある方は覗いてみると良い。

さて、すっかり満腹になった僕らはこの後どうしようかと悩む、大峠を越えて喜多方に入っても雪代と増水に変わりはあるまい。まさか自宅を超えて浜通りに行くわけにもいかないし、南会津も今からじゃ遠いし。「闇川くらかわでも行ってみる」と言う弟の言葉に一も二も無く同意したのは闇川くらかわの名前は知っていたが今まで一度も行ったことが無かったからだ、芦ノ牧温泉辺りならもう雪代も落ちついてるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました