5月31日 阿武隈川を釣る(試験採捕 2回目)

釣り
久し振りの好天
この記事は約3分で読めます。

試験採捕体験組合員Bros.出動

阿武隈川の試験採捕も二回目となりました。今日は弟と前日入りしてちょっとだけキャンプの真似事をした。久しぶりの焚火の火とアルコールで気分は嫌でも盛り上がる。最近の暗いニュースの中で沈みがちな気持ちが、わずかながら解き放たれていく。

弟 組合員の顔も明るい

早朝、眠そうな弟をせかして釣り支度を始めた、前回の試験採捕時にも組合員もそうでない人も含めて(組合員でない人は釣っちゃいかんよここは禁漁河川なんだから)結構な釣り人が来ていたので、早ければそれにこしたことは無い。予想通り駐車スペースには5人グループの若者たちが準備を始めている、僕らの脇を賑やかに、楽しそうに下流に向かって行った。渓流は密じゃないと言う話をよく聞くのだが、君たちは密だよ間違いなく。

今日は弟に釣らせなくてはならない、この区間は初めての区間らしい。僕は前回予想以上の楽しい釣りをしたので弟の隙間を釣ればそれで良い。それでも何尾かは釣れるだろう、本来目的は解禁に繋げられるかどうかの調査なのだから。

透き通る流れにラインを延ばす弟、傍から見ても幸せな時間だ。

弟の釣り区間を残して少し上流へ先回りした、日曜日だけあって昨日のだろう新しい足跡が多く魚の反応も前回のようにはいかないがそれでも数尾のイワナをキャッチした。

長い流れを前に気持ちよくラインを延ばしていると、護岸の上の道を一人のルアーマンがこちらを見ながら上流に向かう、「あれ。この上に川に降りれるような場所があったけな?」いったいどこまで歩くつもりなんだろうと思いながら後ろを振り向くと弟の姿はまだ小いさい。上流に向きを変え、ここ一番のポイントに向かおうとした時、そのポイントのすぐ上に先ほどのルアーマンが入った。どこまで歩くのだろうと思ったのだがそれはすぐ目と鼻の先だった。しかし信じられないことをするもんだね、ここで僕らの釣り終わっちゃうじゃないか。まあ、同じ調査員なのだから争ってもしかたがないのだが。

釣り上がって来た弟に事情を話し、ここで少し休憩して時間を稼ぐことにした。ベストを降ろしその中から飲み物と携行食を取り出してのんびりする。30分ほど昼寝をして腰を上げた。腹を満たし気持ちも少し落ち着いたところで、諦めムードながらルアーマンの後を釣り上がる、ところがどうしたことか予想に反してイワナの出が良いのだ。舐床の落ち込みの白泡辺り、広い流れの流心、流れ込み脇の石の前、分流が当たる石の前の反転流と極めて普通にイワナが釣れる。しかも25cm~27cm位の元気の良いやつばかりである。

イワナは流れの隅の小さなポイントに潜んでいた

最終の滝を前に、先行したルアーマンが戻って来た、すっかり心も満たされた僕は余裕で挨拶をすると「どうでした釣れましたか?」と聞いた。「いやあ、ダメですね20cmくらいのばかりです」と言う返事に。一瞬言葉を失った。本当の話なのかそれとも私たちを欺こうとしたのか分からないが私たちは「そうですか・・・」と返事をしてすれ違った。

試験採捕も順調に進み弟の笑顔も絶えない

魚留めの滝までは残り150メートル程だが、残るポイントからも不思議とイワナは顔を出した。魚留の滝つぼから最後のイワナを釣り上げた弟も満足の釣り・・、いや試験採捕の結果に満足したようである。

なかなか、ストーリー性のある釣行、いや試験採捕であった。無事イワナは住んでいたし、それなりのサイズにも育っていた。漁協への報告も無事に出来て試験採捕組合員の役目も果たせたと言う幸せな一日であった。

それにしても、先ほどのルアーマンはいったい・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました