6月7日(日) 戸石川から鶴沼川を釣る

鶴沼川 釣り
鶴沼川を釣るNさん
この記事は約2分で読めます。

今年も早々と心が折れた・・・

5月25日に新型コロナウィルスの緊急事態宣言が解除され、県内の事業者に出されていた休業要請が解除されて、今月から学校も再開された。コロナ騒動も収束の方向に向かっているのだろうか、まだまだこれから山場が来そうな気がするのだが経済を回さなければと言う合言葉でどんどん解除に向かって行くのがいささか気がかりではある。県境をまたぐ移動は自粛の要請が解かれていないが、既に他県ナンバーの観光客が会津を中心に目立ってきており、見た目の日常は確実に戻ってきている。

僕と弟は、夜中に家を出て下郷町の道の駅に居た。今日は友人のNさんと同行予定でこの場所で待ち合わせなのだ。7時の待ち合わせなのにまだ6時前である、単純に計算違いなのだがまあ遅刻するよりは良かろう。それにしてもまだ夜明け前だと言うのに駐車場には何台もの車が停車している、そしてそのほとんどが県外ナンバーの車である。

拡げた折りたたみ椅子にもたれ、うつらうつらしているところにNさんが到着した。近くの観音川から釣り始めようかと言う事になったが、その前にNさんの遊漁券を求めなくてはならない。そう言えば近くの集落に漁協の組合長さんの家があった筈だ、道に迷いながらやっとたどり着いたが、ご主人が不在で分からないとのことで下の集落の酒屋さんを紹介された。

目的の室井商店さんはすぐに見つかったが、遊漁券販売所の看板ものぼりも見当たらない、以前に何度か遊漁券を購入した事があるのでこの店に間違いはない筈なのだが。お店に入ったNさんと弟が戻って来た、遊漁券は年に3枚くらいしか出ないので今は取り扱いをしていないのだそうである。どこの川に行っても確かに遊漁券の販売所が減っている。釣り人が少ないのからなのか、無鑑札の釣り人が多いのか・・・。

結局、遊漁券を求めて下郷の町中まで下って来た、国道121号線と県道131号線の出合いにある松島屋さんでついに遊漁券を手にした。Nさんが、ここまで来たら戸石川にしましょうと言うので観音川はパスすることにした、だって戸石川が目の前なのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました